聖地探訪

2017年7月29日 (土)

沼津探訪2017夏(後編)

沼津行後半戦。
沼津駅前は後回しでNEOPASA駿河湾沼津に急ごう。雲行きが怪しくなってきた。スマートETCがあるとは思えない道のりで迷いそうになる。それでも山腹にNEOPASA駿河湾沼津が見えてきたときは、何だか感動した。
平日の17時だと、施設内は純粋な利用者がほとんど。ライバーは少しだけ。寂しい代わりに、展示はゆっくり見られた。善子ちゃんの寝袋は存在感がたっぷり。パペットに混じってさりげなく鎮座している伊勢エビは見ていると欲しくなるから困る。
物販は欲しい物が軒並み品切れで、22日再入荷ばかりで泣いた。分かっていたけれど辛い。あと、ここにバスで来たら数時間居るのは苦労しそう。かき氷食べないと。

35


36


37


38_2


39


40


41


42


43


44


45


46


47


48


49


50


51


52


53


54


55


56


57


58


59



60


61


62



善子「ここにもリトルデーモンが我が堕天の祭壇を飾っているわ」
にこ「あんたそればっかりね」

33



善子「これは我が寝所」
にこ「善子ちゃん、触っちゃダメよ」
善子「なんでー!ってヨハネだってば」

34


ヨハネ「お城みたいな建物ね」
にこ「私たちに相応しい場所だわ」

30


80


32


31_2



18
時過ぎに沼津駅前に来襲。3RD PLANETで軽く冷や汗を流し、沼津駅のベルマートでのっぽ購入のミッション完了。善子ちゃんの生誕を祝う、お祝いのっぽは17日までn販売だった。Aqoursメンバーの誕生日にお祝いのっぽが当たり前のように発売される街。それが沼津。雄大カフェは今回お休み。
メイトとゲマの参拝をしてきた。スタンプ台帳を買ったけれど、チャレンジ出来ず終い。缶バッチもうっかり見落としたりで、次の課題だね。


63


64


65



さて時刻は19時。ちらほら東京の災害情報が耳に入ってきた。帰りはカッパ必須とみた。それならば夕飯は仲見世商店街で食べてから出発しよう。やば珈琲店でやばカレーを食す。ナポリタン以外初めて食べたけれど、これはこれでなかなか。
にこ・善子『海乃家を出発してからようやくひと休み。カレーもイイね!』

66



平日夜の仲見世商店街はこのな感じ。なぜAqoursがこうもすんなり受け入れられたか分かる気がするヒトコマ。

67


68


69


70


71



荷物を整理し、飲み物も用意。トイレを済ませて、カッパを着込む。沼津も雨が降り出した。帰りは休めないと思ったほうか良さそう。燃料も十分残っている。
実際、帰りはどうだったのかというと、全然大したことは無かったという。沼津の雨は5分ほどで止んで、あとは御殿場でパラついたくらい。この時の雷は遠かったけれど、すごく響いた。富士山麓に稲光が走る光景は圧巻。寒かったからカッパは着続けたけれど、雨は拍子抜けだったな。
ところが地元に帰ると道路が散乱物で埋め尽くされている。、何が行ったか理解できないままテレビを点けて、東京で何があったかを知ることに。ベランダの洗濯物も全滅していた。
ああ、帰り着いたのは23時45分ごろ。走行距離は延べで334キロ。


今回の収穫物一覧

72



にこ・善子『ほらお土産よ。受け取りなさい』
花丸「本物ののっぽずら~」
真姫「もう、にこちゃんたら出かけるときはあんなに嫌がっていたのに…」

73


74




おしまい。

| | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

沼津探訪2017夏(前編)

2017年7月18日。沼津へお出かけしてきた。お目当ては三津浜海乃家、丸勘、NEOPASA駿河湾沼津の3か所。平日の沼津は初めて。どんな旅になる事やら。

今回、一緒にお出かけするのはにこちゃんと善子ちゃん。7月誕生コンビなり。
にこ「今からー?」
善子「今日は午後から大荒れだって!」
カッパ持っていくから大丈夫っ。
にこ・善子『いやー』
出発は驚きの午前8時。

1



にこ・善子『海だー!』
ごめんね。まだ小田原なんだ。ここで12時くらい。

2



途中、小田原で短い雷雨に遭遇したものの、基本天気は快晴から薄日まで。日焼けに苦しみつつ、まずは沼津の三津浜を目指す。R246から秦野経由で小田原~熱海。山越えをして函南から伊豆長岡~三津浜海水浴場の正面に出てきた。

善子「三津浜よ」
にこ「さすが平日。貸し切り状態ね」

3


4



乃家は昔ながらの海乃家の造り。今風なものは期待しちゃ駄目。でも田舎の海に溶け込んでいて好き。更衣室とシャワールームもあるから安心。
善子「ヨキソバだっ!」
にこ「「ヨハネとにこ』って書いたわよ」
にこ・善子『食べたー!』
かき氷もあるけれど、無理かな?
にこ・善子『食べるー!』
にこ・善子『頭がキンキンするね』

5


6


7


8


9


10


11



オーナーさんは若い方で移民と言ってた。釣り好きかな?暇だからと十九に店番を頼むと釣りはじめ。そのそばで泳ぐライバーさん。駿河湾はけっこう深いから、砂浜からすぐ足がつかなくなるから気をつけて。
やがて他にもライバーさんが訪ねてきだした。平日の午後は時間がゆっくり流れる。

18_2


16


17


15_2



海乃家には寝そべり千歌ちゃんと善子ちゃんが暮らしていた。うちのにこちゃんと善子ちゃんは二人に相手をしてもらって大はしゃぎ。ありがとう。また一緒に遊んでね。

12_2


13_2


14_2



15時過ぎ。海乃家を出発。三の浦総合案内所に立ち寄りつつ、沼津市街に移動開始。
善子「ここにもリトルデーモンがいるようね。ヨハネの祭壇が飾ってあるわ」

22_2


19


20


21


松月は定休日。

23


24



沼津みなと新鮮館に到着。でも丸勘は16時まで。今は15時55分。事前の調査不足がでたわ。
にこ「無様ね」

25_2


26



それでも営業中のJAなんすんでいろいろ購入してきた。
にこ「ここJAの施設よね?」
善子「ここは寿太郎みかんの拠点。シンボルもリトルデーモンの千歌ちゃん」

29


27


28


後編に続く。

| | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

川越氷川神社の縁結び風鈴

「月がきれい」に触発されて、縁結び風鈴の行事に参加してきた。出かけたのは7月16日。帰りは土砂降りにあったけれど、出かけた甲斐はあった。
幻想的な風鈴の数々。こじんまりとした神社に溢れんばかりの参拝者。もう夕方だったのに、涼と縁を求める人が訪れる。

47


48


49


50


51


52


53


54


55


56


57


58


59_2


60


61


62


63_2


64


65



おしまい。

| | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

寝そべりぬいぐるみ 「そうだ、川越に行こう!」

鞠莉「そうだ、川越に行こう!」



鞠莉「ここは平成の川越合戦の古戦場、ゲームシティプラザ川越店よ」
果南「どういうこと?」
鞠莉「まだ私たちが生まれる前のこと。この世に穂乃果さん、絵里さん、希さん、海未さんしか居なかった時代。2015年7月10日に始まった、関東最後の穂乃果さんを巡る闘い」
果南「意味が分からない」

29



鞠莉「2015年4月に始まったハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみシリーズ。穂乃果さんが登場した時は、設定も甘くてお持ち帰りし放題だったの。当時の人気はまだまだで、ローソン海未さんも、「制服姿で十分」と予約する人は少なかったそうよ。
でも7月になると人気が高まってきて、穂乃果さんをお迎えしていないご主人様は苦労されたの。だってどこにも残っていないから。そんな時、ゲームシティプラザ川越店のツイートで、穂乃果さんの存在が明らかになった。その時の熱狂は説明できないほど。
でも場所が場所なだけに、みな辿り着こうとして挫折し、熱い想いを宿した3人が、穂乃果さんを自宅に連れて帰った。そんな昔語り」
鞠莉「ちなみに当時はオークションでも穂乃果さんは3000円以下だった。でも15年初冬には1万円を超える値がつく狂乱ぶり。それも今となっては思い出話。近くを通ったので、懐かしくなったの」

28



鞠莉「川越氷川神社は縁結びの神様ですって」
果南「落ち着いた雰囲気だね」

30


31



果南「風車すごい」
鞠莉「この光景は今月だけみたい。7月からは縁結び風鈴が飾られるそうよ」

32


33


34


35



鞠莉「今、風鈴があるのはここだけね」
果南「さっき通った絵馬の回廊もすごかった」
鞠莉「リアリティを感じない空間。まるであの世へと誘うかのごとく」
果南「よい処だけれど、どうして川越氷川神社へ来ようと思ったの?」
鞠莉「ひ・み・つ」

36


37



鞠莉「ここが菓子屋横丁。サツマイモのお菓子がいっぱい」
果南「来るのがちょっと遅かったね。もう閉店しているお店がある」
鞠莉「今度は午後早めに来ましょう」
果南「火事からだいぶ復興している」

39



果南「この置物はなに?」
鞠莉「以前来たときもあったわ。川越の守り神かも」
果南「絶対に違うと思う」

38



鞠莉「最後は蔵造りの町並みを抜けてアニメイトへGO!」
果南「やっぱり…」


鞠莉・果南『ただいまー。これお土産の芋ようかん』
ルビイ「わー、ありがとう」
ダイヤ「ルビイへのお気遣いありがとうございます」

41



ダイヤ「ところで、どうして川越へお出かけされたのですか?」
鞠莉「月がきれいのアニメが面白くて、舞台となっている川越を見たかったの」
果南「ええっ?」

40





おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

寝そべりぬいぐるみ NEOSAPA駿河湾沼津へようこそ

千歌「穂乃果さん。ここがNEOSAPA駿河湾沼津ですよ」
穂乃果「すごーい。お城みたい」

17



穂乃果「淡島から大瀬崎まで一望できるね」
千歌「この距離でも見つけられる小原ホテル、おっきい」

18


19



穂乃果「ところで、どこにプレミアムショップが出来るの?」
千歌「えへへ、秘密です」
穂乃果「千歌ちゃん、分からないんだね?」
千歌「だって空テナントはないから、あるとしたら正面エントランスを仕切るくらいしか」
穂乃果「2階にも少しだけ空間はあるみたい。移動水族館は表の広場だろうね」
千歌「こんなところに私たちのガチャがある」

22


21



千歌「お夕飯は半額弁当?」
穂乃果「昨日の僕ラブでお金使い過ぎたんだって」
千歌「それでも天神屋を選ぶセンス。SAでのご飯にも大分慣れてきてるね」

20



おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

新東名 NEOPASA駿河湾沼津上り線内にラブライブサンシャインプレミアムショップがオープン

ちょうど29日に大阪へ行くので、帰りに寄ってみようと思ったら、オープンは6月30日だった。ま、また次の機会に…。ここは一般道からも利用できるそうなので、チャンスはありそう。
気になるのはオリジナルグッズのカー用品だよね。どんな企画があるのだろう?ステッカーやサンバイザーとか?笑わしてくれることを望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

寝そべりぬいぐるみ 神田祭2017へ行こう

穂乃果「神田祭だ―」
希「うちの出番やでー」

68



希「明神男坂も久しぶり」
穂乃果「私たちのポスターも健在」
希「今回は新たに2作品が仲間入り」

69


72


73


74


75



穂乃果「今年のコラボはごちうさとSAOなんだね」
希「行列は下の方まで続いとるで。めっちゃ時間かかる」
穂乃果「晒し者になるのは今回も一緒…」
希「結構、人気あって、完売も多いみたい」
穂乃果「ちなみに、本当のルートは随神門から入って御手洗を済ませ、だいこく様の横を抜けて鳳凰殿の裏側を周ります。そして神輿の奉納が行われる中、御神殿の中で直接参拝するという。その後獅子山の脇から出てきて、御神殿を半周すると、鳳輦神輿奉安殿辺りでコラボグッズの販売所に出くわします。いま来た道を戻って、男坂上がゴール地点」

70


71



穂乃果「お参りも無事済ませて、ちょっと一休み」
希「穂乃果ちゃんの実家、日曜日なのに開いているんやね」
穂乃果「神田祭の時は特別。もう大忙しなんだよ」
希「それじゃあ揚げ饅頭、頂いていこうか」

76



希「あれ?揚げ饅頭食べたのに、カレーも食べるん?」
穂乃果「あれだけじゃ物足りなくって…」
希「また海未ちゃんにダイエットさせられるで」
穂乃果「atreで500円以上買うと、ごちうさカードがもらえるから、つい」
希「心なしか秋葉原の街と神田祭りとの盛り上がりに温度差がない?」
穂乃果「前回が特別だったんだよ」

77



希「お腹もいっぱいになったので、神田明神に再訪」
穂乃果「さっき気になっていた電球ソーダ飲もうよ」
希「穂乃果ちゃん、あれはあかんて。海未ちゃんの名前間違うとるし、ポスターはAqoursやん」
穂乃果「まさにお祭りの醍醐味って感じだね」

78


79


80



希「あれ?意外といい雰囲気…。電球が2色に点滅してる」
穂乃果「でしょ?でしょ?ジュースも希ちゃんのグレープソーダ味!」
希「値段は容器代だと思えば許容範囲のお祭り価格」

81


82




穂乃果「お祭りはまだまだ続くけれど、私たちは帰る時間がきちゃった」
希「また2年後、こうしてお祭りに参加したいね」


おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

寝そべりぬいぐるみ 三方位作戦

凛「ラッピング電車の撮影が終わったら、もう14時30分」
花丸「残り時間から沼津駅前と沼津港での滞在時間を計算するずら」

花丸「セガ サントムーン柿田川店に到着。千歌ちゃんを戴くセガずら」
凛「セガこそ私たちに相応しい場所。スクフェスキャンペーンも実施中」
花丸「十九さんが欲しかった、寝そべりダイヤさんは居ないみたい」
凛「千歌ちゃんの立て看板も見つかられなかったね」

52



花丸「沼津駅前にある3RD PLANETに到着ずら」
凛「ここもダイヤさんの姿はないにゃ」
花丸「それなら沼津巡礼アクリル缶バッジ限定verにチャレンジ」
凛「やってみると意外とラッキー取れるもんさ」
花丸「凛さんの立て看板がある」

53


54


55


56



花丸「仲見世商店街のアベリー在中」
凛「ここは聖地というより、巡礼者の休憩場所」
花丸「らルージュおいしいずら」
凛「もう少し敷居が低いと一見さんにも入りやすいにゃー」

57


58


59


60



凛「セガ謹製の寝そべりチラシ、ゲマで確保。Aqoursウォーターの購入も忘れないように」
花丸「仲見世パーク1のお知らせもサンシャインなんだ…」

61




凛「イシバシプラザの入り口は今でもサンシャイン!HPTの告知もある!」
花丸「お土産にイシバシプラザでのっぽパンとかしわ餅を買ったずら」

62


63



花丸「沼津港17時。みなと新鮮館は店じまいモード」
凛「深海水族館も1時間じゃ落ち着かない。次こそはシーラカンス」
花丸「びゅうおを外から眺めておこう」

64



凛・花丸『焼き牡蠣だー!』

65


66



凛「小原ホテルが見えてきた」
花丸「内浦はすぐそこ」

67



花丸「営業後の淡島マリンパークずら」
凛「果南さんお祝いの横断幕が次元を繋ぐ架け橋」

68



花丸「ここが最終目的地、長井崎中学校バス停。闇が迫ってきているずら」
凛「この時間には出歩いているのはライバーと釣り人くrらい」
花丸「待合室で休憩していこう」

70


69



凛・花丸『さあ、お家に帰ろう』

深夜0時30分。
凛・花丸『今回のお土産でございます』
穂乃果・千歌『うむ、満足じゃ』

71_2





おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

寝そべりぬいぐるみ 恋のぼりと駿豆線

(沼津散策も6回目。GWなのに6時30分出発したら246は全線渋滞。沼津到着は12時前になってしまった…。)

凛「ここが沼津こいのぼりフェスティバル会場だね」
花丸「Aqoursの鯉のぼりはどこずら?」

1


2



凛「あそこにゃー」
花丸「端っこはお約束ずら」

3


4



花丸「足元まできたずら」
凛「風も吹いてて、こいのぼりは元気いっぱい」

5


6


7


8


9



(こいのぼりをめいっぱい堪能したので、三島駅に移動。ところが駿豆線のラッピング電車の到着時間を1時間間違えるハプニング。下手に動かないほうが良いと判断して、ここで昼食と休憩を取ることにしたなり。)

凛「ここでお昼ごはん」
花丸「椎茸そばなんて、梨子ちゃんが聞いたら卒倒しそう」

10


11



花丸「初代ラッピング電車が到着したずら」
凛「すっかり忘れてた。撮りに行くにゃ」
花丸「おらの前で記念撮影」

12


13


14



花丸「うちっちーが居る」
凛「三島駅構内にもAqoursの広告がいっぱい」

15


16


17


18


19


20



凛「ラッピング電車が入線してきたにゃ」
花丸「気がついたらライバーがホームにいっぱい居るずら」

21


22


23


24


25


26


27


28


29


30


31


32


33


34


35


36


37


38


39


40


41


42


43


44


45


46


47



花丸「修善寺に向けて出発!ライバーさんもほとんど乗っていったずら」
凛「私たちは移動手段があるから入場券で撮影。改札に飾ってあるポスターも撮ったし、次の目的地に移動」
花丸「ここから先は行き当たりばったり」

48


49


50


51





続く。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

沼津に行ってくる

今回のお供はセガスタッフイメージガールの二人。
凛・花丸『おー』

52




今回の目的は駿豆線と鯉のぼり。余力があったら内浦と沼津港。明日も休みなので遅くなってもOK。

| | コメント (2) | トラックバック (0)