聖地探訪

2017年2月20日 (月)

寝そべりぬいぐるみ イシバシプラザ再訪

がまんできなかった。がまんできなかった…。
時間もお金もないなか、とんでもない強行軍でのイシバシプラザ再訪となり申した。18日、午前中仕事して、午後2時出発。現着は17時前。次の日はワンフェスがあるから、19時には沼津を後にする。もう本当にイシバシプラザだけ。沼津駅周辺だって素通り状態。だが、それはそれで馬鹿っぽくておもしろい。新宿から沼津まで小田急利用で片道1310円。株主優待券を格安で入手すれば可能なり。

イシバシプラザの寝そべりちゃんたち。バレンタイン仕様かと思っていたら、ホワイトデーと松浦果南のバースデーも兼ねた展示だった。寝そべりちゃんの写真はコンデジではこれが精いっぱい。キャラごとに枚数にばらつきがあるのは、展示されている位置と距離、そして十九の腕が原因。申し訳ない。

14


15


16


17


18


19


20


21


22


23


24


25


26


27


28


29


30


31


32



個人的なお気に入りは、ちかっちの「LOVE MIKAN」、ダイヤ様が髪をリボンで縛っているところや、丸ちゃんのヘアバンド、ルビィちゃんの髪飾りのボンボンなどなど。

帰り。イシバシプラザでのっぽと寿太郎みかんを購入。ゲマとメイトの前を通り、やば珈琲店でナポリタンを食す。雄大カフェを眺めつつ、沼津駅まで戻ってきた。ああ、イシバシプラザに行く前に、BiViのゲーセンも寄った。短い間だったけれど、沼津に来たという実感はあった。
次があるなら僕ラブin沼津2だろうね。

33


34


35


36



お土産の寿太郎みかんを寝そべりちゃん達にお届け。
『わーい、ありがとう。…十九さん、のっぽは?』
(帰りのおやつに頂きました)

37





おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

1月2日に内浦を散策してきた

1月2日。18きっぷが余っているので、4回目の沼津行きを決行。12月24日の憂さ晴らしともいえる。夕方までに静岡市へ行く必要があるので、沼津市街は飛ばして内浦巡りに絞っての訪問。淡島とうちっちーは今回もお預け。ちなみにバス移動です。
10時過ぎに沼津到着。沼津市中心部にもファンはいたけれど、同じバスに乗車したのは少なめ。内浦に行く人たちは乗り物用意してるっぽい?後で知ったけれど、レンタルサイクルもあるのね。

1


2


3


4


5



計画は長井崎中学校までバスで行き、歩いて三津浜で戻ってくる。ところが何を勘違いしたのか、マリンパーク前で降りてしまうマヌケ。マリンパークは入場料を払わないと楽しめません。
入場券売り場まで行こうかとも思ったけれど虚しいので素通り。ここから三津浜まではまだ距離がありんす。実際歩いてみたら、天気も景色も見晴らしも良いので凄く気持ちよかった。蛇行しながら風景を楽しむ。時間はかかるは足は痛いわでボロボロになっても気にしない。

6


7


8


9


10_2



松月で念願のみかんどら焼きを購入し、喫茶室で寿太郎みかんジュース飲んだった。内浦海岸は景色が最高で普通の観光客や地元の人で溢れてた。

11_2


12


13_2


14_2


15_2


16_2


17_3


18_2



三の浦総合案内所がお昼どきだけ開けているようで、ここでも少し休憩。黒澤ダイヤ様の生誕を祝う文言が飾られていました。ここのみかんは安くて美味しいのに、荷物になるので断念。

19_2


20_2


21_2


22




今日はさらに進みますよ。お正月で誰も居ないから、撮れる場所があるのです。

23


24


25


26


27



長井崎中学校は高台にあるので登ると駿河湾が眼下に広がって最高。さらに長井崎中学校の正門を越えた先には内浦を一望出来るスポットもあった。これだけ見たら満足だよ。ここまで天気良い日に来られたのは初めて。予定とは逆コースになってむしろ良かった。ここがゴールで良い。ぱらぱらと徒歩や自転車、車でファンたちがたどり着く場所。

28


29


30


31


32


33


34


35



帰り。淡島マリンパークまで歩く体力は残っていなかった。三の浦総合案内所も閉まっているからみかんは買えない。淡島マリンパーク前までで710円だったバス代はからだといくらかかるかな?答え、810円なり。バスから沼津ののどかな正月の風景をみながらうつらうつら。
静岡で軽く飲酒。そして駿河屋の本店を見学。静岡もこんなお店が出来るほどになったのか。周囲にはメイト、メロン、らしんばん、とらが集中。ここが静岡のオタクストリート?以前のバラバラよりずっと良いね。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

寝そべりぬいぐるみ かなまりのクリスマスデート

かなまりがクリスマス直前の23日にお出かけ。

鞠莉「ここは国府津。μsAqoursにとって、終わりと始まりの地」
果南「池袋で熱海行きの特別快速に間に合わなくて、次に乗ったら国府津どまりでした」
鞠莉「せっかくだから思い出の場所でのんびりしましょう」
果南「ここで20分待ちぼうけ」

1




鞠莉「沼津に到着。雄大サンシャインカフェはこんなところにあるのね」
果南「ここで一休みする?」
鞠莉「予約は必要ないみたいだから、先を急ぎましょう。1時間のロスは大きいわ」

2


4


3




鞠莉「イシバシプラザ。ここのツリー前でデートしたかったの」
果南「Aqoursの皆が見てる」
鞠莉「見せつけてるのよ。私は2年間も待ったのだから」

5


7


8


9


10


11


12


13


14


15



果南「鞠莉、少し足を伸ばさない?」
鞠莉「良いけど、どこに行くの?」
果南「ナイショ。今度は私が案内するわ」

鞠莉「WAO、水門!」
果南「鞠莉が曜と浮気していたと・こ・ろ」
鞠莉「あ、あっちが内浦かしら?あそこが大瀬崎?」
果南「この日差しのように、鞠莉を染め直してあげる」

16


18


17_2


29


30


32


33



鞠莉「沼津みなと新鮮館でお土産を見ていきましょう」
果南「ひもの定食、美味しそう」
鞠莉「それは最後のお楽しみ。代わりに焼き串で我慢ね」
果南「雄大カフェではドリンクを頼もうよ」
鞠莉「今日はキッチンカーが新鮮館に来てるのよ」
果南「風が強いし喉も渇いたから一休み。ホットココアで温まろう」
かなまり『ようこそ!私たちの大都会、沼津へ!』

34


36


35


40


37


38



果南「鞠莉、沼津の街を少し歩かない?」
鞠莉「あんなにみなと新鮮館で食べるから」
果南「へへっ。腹ごなし…。あげつち商店街はAqoursメンバーも参加した絵馬コンテストを開催中なの」
鞠莉「かわいい…Aqoursの絵馬も見つけちゃった…果南?」

果南「駐車場のおじさまからみかんもらっちゃった」
鞠莉「もう…。あれ?千歌っち。こんなところで何してるの?」

41


42


43


46


44


45


47



鞠莉「〆の雄大サンシャインカフェに来たわ!」
果南「お腹空いたね。鞠莉は何を食べたい?」
鞠莉「私にそれを言わせる気?」
果南「ごめん。鞠莉に松浦家の食卓をお願い」

48


49


50


51


52


53


54


55


56



鞠莉「すっかり暗くなっちゃった」
果南「ヤバ珈琲店に寄れなかったな。残念」
鞠莉「今回は今まで行けなかった港を巡れたのだから、良しとしましょう。メイトやゲマも次の機会に取っておきましょう」
果南「最後にもう一度、イシバシプラザを見たいな」
鞠莉「果南もクリスマスが恋しいのね」
かなまり「来年も二人でツリーを眺めようね」

1_2



かなまり『ただいまー。これ、お土産です』
『おかえりー。いっぱいありがとう。楽しかった?』
かなまり『もちろん』

57


58



鞠莉「あ、果南。またボタンが外れてる」
果南「鞠莉、いつもありがとう」

59



『………あれれれ?もしかして?』

60


61




おしまい。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

寝そべりぬいぐるみ クリスマスデート

鞠「果南、一日早いけれどクリスマスデートしましょう」
果「え?どこ行くの?」

57



鞠「青春18禁切符で出発よ!」
果「あれは青春18きっぷだって。だから、どこ行くんだってば!」


58




続く。結果は帰ってきてからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

寝そべりぬいぐるみと行く沼津~内浦の旅

僕ラブ前日。
「明日の準備はこれでよし。…何この袋?」

21



『あ、見つかっちゃった』
「きみたち…」
『内浦に行くなら連れてってください!』
「スクーターだからあんまり乗るスペースが無いからごめんね」
『ぶぅぶぅ。里帰りくらいいいじゃん』
「ううっ、荷物が増えるなあ」
『荷物じゃないもん』

22


沼津駅北口の売店。
『のっぽのポスターが貼ってある』
『でも売りきれずら』
「イベント会場の通り道だからね」

20



『キラメッセ沼津で寝そべりピラミッド!』
「昔はプレハブみたいな造りだったのに、立派な建物になったなあ」
『隣のBiViのゲーセンがありますよ』
「ラブライブサンシャインのコーナーもあるね」

23



マルサン書店沼津大手町店のポスター。
『普通の本ならここずら』
「アニメイトが出来るまでここが沼津の最大の拠点。そのスタンスは今も変わらないよう」

26



やば珈琲店、来訪2回目。
『十九さんがμ'sの皆さんと来たんですよね?』
「そ、それは…あの頃はAqoursの寝そべりは生まれていなかったんやで」
『やば珈琲店は鉄板焼き?のスパゲティの一択です。うまうま。オープンテラスは…晒し者でした』

25


24



ゲーマーズ沼津店。
『何を言っているのです?ここはヌーマーズリトルデーモン店。ヨハネが預かるお店よ』
「失礼しました、ヨハネ様」
『のっぽを売ってるヌーマーズ。Aqoursの水もあるわね』
「とりあえず買い」

27


29


28_2


30



さあ、内浦地区にやって来ました。なぜか若い観光客がいっぱい居る(棒)。夏も終わった季節外れの夕方だというのに一体…。僕ラブ参加者が移動してきたんだね。大手サークルの新刊目当てだけで沼津まで来るとは思えないし、やっぱりライバーが聖地巡礼とセットで遠征していたんだ。

松月さん。
『みかんどら焼きもみかんパウンドも売り切れずら』
「喫茶室も予約待ちで閉店までいっぱいだって」
『だいだいみかんようかんならありましてよ』
「これをお土産にしようか」

31


32



内浦漁港。
「干物が食べたい」
『一緒に荷台に詰められるのはイヤです!』
「君たち、内浦の愛弗だろ!直販所は閉まっているから、別な場所で買えるかな?」

33



安田屋旅館。
『私の自宅です』
「ストレートに言っちゃだめ。今日は予約でいっぱいだってさ」
『敷地が変なデザインの車やバイクで溢れてます』
「太宰治ゆかりの宿だから、ある意味ぴったりかも。次は予約して泊まりたい」

34



『助けて、ラブライブ!』
これが今回の旅で最大の目的。砂浜には観光客が溢れていたので、撮影は一苦労。なぜか砂浜に足で文字を書いてる人多し。残念なのは夕日がなかったことなり。

35


36



写真ないけれど、このあと三の浦総合案内所までたどり着いて17時。ちょっとだけ中を見学して、早生みかんを購入。20個近く入って200円。青みがかって酸っぱいかと思ったら、けっこう甘い。ビタミン摂れそう。
案内所では宿巡りラリー?のパズルを完成させた人たちに遭遇。少しお話を聞けた。1日で巡るのは大変で、飲食とお買い物ではお腹ぱんぱんになるみたい。別な方は3回に分けて訪問して、今日で達成したそうだ。
苦労して集めたパズルだけれど、何故かはまらない不思議。そして完全済をもう一つもらえるハプニング。なんていうか、前にゲマ特典で似たような話があったような。


番外編。ラッピングバス。
「さあ、暗くなってきたし帰ろう」
『十九さん。ラッピングバスが走っています!』
おおっ。目の前を通過して三津シーパラダイスのバス停に止まった。おかげで写真に収めることに成功。

37


38


39



沼津市内でルビィタクシーも見かけたし、満足なり。駿豆線の撮影は無理だったけれど、まずまずの成果だったと思う。今度は一泊してゆっくりしたいね。


『ただいま戻りました。μ'sの皆さん、お土産です』
『ありがとう。Aqoursのみんな、沼津帰省は楽しかった?』
『はいっ!』

40_2


41



お土産の数々。

42


43


44


45



あとは寝そべりたちでおしゃべりするだろうから、そっとしておこう。それでは先に寝るね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

僕ラブ沼津展開中

沼津は薄日も差してイベント日和。12時開場で合戦は始まったばかり。
参加者は蒲田より少ないけれど、沼津の規模じゃないよ。あと、10時45分前に来た人にはペナあった。


1477106518584.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

代休なので秋葉原

神田明神を参拝して


1477033663400.jpg


竹むらで一休み。


1477033664454.jpg


まだまだいくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

雨が上がったのでアニ玉祭に行こう

場外の大宮駅での沼津市ブースは大賑わいとか。午前中は大雨だったのに、みんな頑張るな。
アニ玉祭のMCはりっぴー。大宮にライバーが集まるのも納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

神田明神 納涼祭りにお出かけ

のんたんと一緒。

38




もっとオタクっぽいイベントかと思って行ったら、普通の夏祭りだった。屋台がビールとお肉中心になっていたくらい。…多分。ライバーさんもちょこちょこ見かけたけれど、親子連れやお祭り好きの人のほうが多かった印象。
そんななか、のんたんといろいろ見て周ってきた。

39


40




黒ビール!ベーコン!

41




お狐様、明日からの3日間、晴天に恵まれますように。

42




さあ、帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

のんたん、ハノケ、凛ちゃんの沼津ツアー

の「うち、これから沼津に行くんやけど、二人はどうする?」
ハ「行く、行く」
り「行くにゃー」
ハリ「沼津はAqoursの地元。楽しみー」

0



の「見てみ。ここが大瀬崎や」
ハり「あれ?なんか予想していた場所と違う」

1




ハり「うわあ、鳥居がある」
の「この引手力命神社は駿河湾の守り神なんよ」

2




のハり「登ってみよう!」

3




の「海に囲まれた神社とは思えない静けさ」
ハ「本当だ。すぐ下は海だよ」
り「いい風だにゃー」

4




の「ここが神池。海に囲まれた淡水の池なんよ」
ハ「うわああっ、鯉がいっぱい居る」
り「お魚さん、だーい好…きぃ?居過ぎだにゃ」

5




の「Aqoursの歌に『恋になりたいAQUARIUM』ってあるやろ?元々は『鯉になりたい神池の』ってタイトルなんね」
ハ「へえー。希ちゃん、物知り」
り「希ちゃん、何で嘘つくのかにゃ」
の「へへへ、ばれた?」

6





の「大瀬崎灯台は引手力命神社と共に駿河湾の守り神なんよ」
ハり「神池からすぐ近くなのに海だらけ」

7


8





のハり「高台から眺める大瀬崎も綺麗だね」

9





ハ「見て、あんなところに学校がある」
の「あれがAqoursの母校、浦の星女学院ね」

10





り「ここ、ダイヤちゃんが海に落ちそうになった場所だ」

11


12





のハり「助けて!ラブライブ!」

18

のハり「ここがAqoursの始まりの場所。…少しお掃除したくなるね」
り「た、鯛が打ち上げられてるにゃー」

17





のハり「三の浦総合案内所はAqoursライバーの内浦での活動拠点。お世話になっている気持ちを忘れずに、迷惑をかけないよう」

13


14




り「案内所でひと休み」
ハ「中はAqoursの活動記録がいっぱい」
の「地元の施設やから、地域の活動も紹介してるん」

15





の「内浦湾は緑が豊かなのね」
ハ「ここで育ったAqoursのメンバーはきっと強い!」
り「楽しそうな場所がいっぱい見える」

16





のハり「やば珈琲店に到着」

19





のハり「喫茶店と言えばスパゲッティ。安くておいしいね」

20





のハり「沼津の本屋さん、マルサン書店。AZALEAがお出迎え。ラブライブコーナーも充実」

21


22





のハり「アニメイト沼津店の担当はCYaRon。いつの間にか駅前に移転している」

23





のハり「ゲーマーズ沼津店はヌーマーズリトルデーモン店に衣替え」

24_2


25





のハりヌーマーズはGuilty Kiss推しですか?」

26


27





のハり「ヌーマーズリトルデーモン店の店長、ヨハネ様を祀る祭壇です。こういう造型はゲ…ヌーマーズのお家芸」

28


29


30


31


32





の「さて、『みんなでいっしょに夏まつりin沼津』の参加申し込みも済ませたし、ほな帰ろうか」
ハり「そういえば、Aqoursのメンバーと一回も出会わなかったね」
の「あれ?今日Aqoursは秋葉原でイベントなんよ?二人は知らなかったん?」
ハり「ええー!」

33





おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)