TMAとゴローさん

2016年12月 7日 (水)

実写版咲、第1話を視聴

和の胸の盛が足らないぞ。優希の声は頑張っていたかな。でも、それは優希の声じゃなくて、くぎゅの声…。ところで京太郎役のゴローはまだですか?全体的に演技はまだこれからといった感じだね。
あと、漫画的な演出や擬音がやっぱり浮いているよ。ドラマの演出にしたほうがしっくりくると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

ついにくるか「ラブア○ブ!」

TMAならいろいろやってくれるに違いない。特にダンス。発売日は12月26日だけれど、第2期9話のオマージュだったら、最高だね。早売りがあるだろうし、クリスマスに見たら…虚しいのう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

アニクラTMA開催決定!

また珍妙なイベントを開催するなあ。う~ん。十九は踊るの苦手だから、考えてしまう。見ているだけでも楽しめればいいけれど、どうなのだろう?いろいろ企画はあるんだね。
とりあえず保留。ギリギリまで決断は避けよう。28日の予定は空けておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

TMA第2回コスプレAV超会議の簡易レポ(ソフト18禁)

前回はあれやこれの上映がメインだった超会議。今回はニコ生中心の構成。第1部はトークと踊ってみた的映像の上映、第2部はぽこたて対決と新人さんの面接と称する身体検査などなど。

13110314


今にして思えば、第1部は無難な内容だった。ネット中継があるからタイトルなどの固有名詞は出せない、でも漏らしちゃうを繰り返す。それでも次回作の候補にのんのんやげんしけんの名前が挙がった。そんな中、橘芹那さんのトークは斬新だった。五反田のニューハーフデリヘルだと!90分25,000円とは高級店だ。マニア系のお店は高いのう。でも芹那さんは身体いじってないそうだ。初体験が13歳で相手が同級生だったり、女性のものを初めて見たのがみづなれいさんのものとか。
踊ってみた的映像はペロキュアの黄色い戦士だったり、あんこうだったり。あんこうはリアルでやられるとシュールだな。笑いにくい。しかもガチで踊っているよ。
かーずSPさんはここまでの第1部で退場。仕事で明日も麺を打たなくてはいけないとさ。
第2部から司会はDJシーザーさんにチェンジ。銀さんコスで登場だよ。実は彼が今回の超会議の中心だったりする。司会なのにいろんな企画に参加させられて、開花してしまった。

ここからアダルト企画に移行するだけあり、ぽこ×たてはとても下品だった。最初の対決は橘芹那さんとゴローの勝負。なのにゴローはとても
嬉しそう。芹那さんに責められて、あっけなく恥ずかしい顔を晒すゴロー。そもそも闘う気ないだろう。楽しむ気満々。でも芹那さんは男なんだよね?
みづなさんと電マの対決は何とも奇妙な展開に。みづなさんを電マで責めるだけなのだけれど、みづなさんが何度も体位を変えて様々なポーズを披露。余裕だったみづなさんに変化があったのは、シーザーさんが請われて電マを持ったところから。先が柔らかいとはいえ、電マがくの字に曲がるくらい押し付けるシーザーさん。力加減が分からないみたい。
「ごめんなさい、お母さん」
は名言。
やがてみぶなさんはノックアウト。さらに場外乱闘で有村千佳さんをシーザーさんが電マで責める。千佳さんをおしっこに行きたくなるまで責めるシーザーさん。これにてぽこ×たて終了。
ぽこ×たての次は新人女優さんの身体検査。この間に待ち時間があって、今度は電マでゴローが責められる。他には芹那さんとシーザーさんのトークなど。
TMAに面接に来た新人さん(新人さんじゃないけれど)は森夏さんのコスで登場。面接会場はステージではなく、会場から斜め上の中二階?な場所。どうやら観客の目の前でもろ出しは駄目みたい。ハプニング防止のためかな?ニコ生も現場と映像にタイムラグがあったよね。新人女優さんは身体検査ではだかんぼになってくれて、身体を張った活躍してくれている。初めてまともに裸が出てきたわ。ぽこ×たても直接は見えてなかったからなあ。
でも新人女優さんよりも新人男優のデビューが盛り上がる展開。身体検査の途中でシーザーさんにお声が掛かり、電マと共に中二階に向かうシーザーさん。そして再びくの字に曲がる電マ。それどころか、新人さん、みづなれいさん、有村千佳さんのパンツに顔を埋めて匂いを嗅ぐ役得を味わう。観客席からはやっかみと冷やかしが飛びまくり。
「お母さん、ごめんなさい」
が、やがて
「お母さん、ありがとう」
に変わっていくのがおもしろかった。
やがてぐだぐだのまま、身体検査は終了。出演者の挨拶をもって、ニコ生中継は無事終了した。
時間は午前1時過ぎ?十九もだいぶ記憶が飛んできている。まず撮影会が始まった。会場には物販があって、3000円以上購入すると撮影券をくれたんだ。女優さん3人の中から1人選んで1分撮影できる権利。みづなさんはキュアブラック、有村千佳さんはキュアホワイトのコスしていたり。買い漏らしていた「厨二病なら恋しよう!」でも買って撮影券をもらおうと考えたけれど、2500円だったので、500円分足りない。会場の物販特価過ぎたのは予想外。3000円と踏んでいたのだが、まさかの2500円だし。しかも中二病なら恋しよう!は会場限定でメイキングDVDがついてくる。買わないという選択肢はなかった。なら撮影券は諦めればよいのだが、なぜか無性に撮影したくてもう1枚買うことにした。有村千佳さんのシャルDVD-ROM.これで4000円。女優さんはみづなれいさんを選択。

13110315


そして撮影会開始。みづなさん希望1名と有村さん希望1名で順番に撮っていく形式。会場が暗くて不安だったけれど、それでも10枚以上とれたので満足。惜しむらくは有村さんは縞パン全開でポーズを撮ってくれていたこと。もう1枚撮影券をもらっておけば良かった…。みづなさんだって胸元たくし上げで撮影させてくれていたよ。
撮影会が終わるころ、芹那さんは明日仕事だから、途中で退場したとの報告。それは残念。17時からラストまでお店に出勤するのでは、寝ておかないとね。
次は抽選会。ブルーレイやDVDを3000円以上買うごとに1枚、ロフトワンで2品目以上注文するごとに1枚もらえる抽選券。それぞれ景品が違うという。映像系の景品は脱ぎたてスパッツや縞パン。使用済みグロスなど。飲食系は好きなセリフを吹き込んでもらえるボイスぬいぐるみ、サイン色紙など。下位賞は大量に用意してあり、複数個当たる人も出るほど。十九もアクメル・ワールドというおナホが当たったよ…。脱ぎたて関連は見えないところで脱いで、しかも替えのスパッツがあるとか、詐欺や!撮り卸しボイスも珍妙なものがあったり。
さて、時間は午前3時。始発まで2時間あります。ここからがぐだぐだトークの開始。業界の裏話がいろいろ。メーカーさんの話題だったり、監督の話だったり。業界の実情も大変な話が多かった。金と時間がなくて、むちゃくちゃなスケジュールなんだと驚かされる。人間的には個性的なおもしろい人たちの話が聞けた。しかし十九は半分以上寝ていて、よく覚えていないのが悲しい。
そして5時。お開きです。帰る前にゴローの撮影会が催され、これにて完全終了。次の機会があった時、この業界はどうなっているかしら?こういう下らなくて人間味あふれるイベントは、活力が生まれてくるからおもしろい。

13110316
13110317

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

TMA~第2回コスプレAV超会議 ゴローとゆかいな仲間たち~のチケット買ってきた

現金で購入すれば、2500円ぽっきり。21時30分開始で、もしかしたらオールナイトになるかもな予感。寝落ちだけは避けねばいけない。
今回はどんなネタが飛び出すだろう?プレゼントコーナーや会場購入者限定撮影会もあるようだし、わくわくしてきたぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

生ものは止めたほうがいいと思う

「ももえろクローバー」はマズい。素人が口を出せるものではないけれど、スタチャは危険すぎる。また発売中止に追い込まれて、アレすることになると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

がちゆり、買ったよ

同人板だけどな。どこで買ったか、敢えて書くのは止めいておこう。あのPVを改めて見られて満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

TMAコスプレAV超会議、参加してきた

とりあえず、ざっと。書きたいことは多いけれど、書けないことが多すぎる。
ゴローさんは兎、プロデューサーは虎。みづなれいさんはがちゆり、栗林里莉さんは非日常姿で登場。「今日の感想を書くときは、具体名を出さないように」と注意があったのち、スタート。
新作の作品選びが一応会議の議題。水菓の名前がたびたび上がってた。でも「水菓だとつぼみ」とはみづなさん。黒髪はつぼみ鉄板だそうな。でも、「好きで好きで、すきで」のつぼみとゴローさんの起用は、岡田こう先生のご指名だそうだ。
秘蔵作品の上映会開始。ホッチキスじゃないよ、ハサミだよ。蟹のCG再現度が半端ない。金髪アロハは口パクで、声の正体は監督かいな。「男優さんがセリフ覚えられなかった」って、そりゃそうだ。AV男優さんにこの物語は難しかろう。吸血少女はワンカットの為に8時間もスタジオで缶詰め。
撮影の苦労話はがおもしろかった。AV撮影は大変だ。正確には寸劇を撮るのが大変だ。スタジオが狭いのではなく、寸劇する広さがないだけだろう。そういうセットじゃないんだし。普通のAVはそんなに場所取らないだろうよ。
上映会中、ゴローさんは存在そのものが笑いを誘う。出てきただけで笑えるから不思議。滑舌の悪さが気になってたのは、十九だけじゃなかった。今回アンケートがあって、次回の希望作品などとともに、「ゴローのセックスシーンで抜けるか」の質問があった。結果は予想通り散々。でも人気あるんだよね。みづなさんによると、ゴローさんとみづなさんの交際疑惑があったそうだ。男優と女優は連絡先を交換してはいけないそうで、でもゴローさんの連絡先を知っていたから噂が立った。「手も握っていないとは言いませんが、身体だけの関係です」には大笑い。
非日常のメイキングの上映。いろいろお見せできないシーンがいっぱい。待機中にゴローさんが見ていたアニメとか、分厚い台本の絵コンテ部分に使われたいた画像とか。AVの台本があんなに厚いのか。しかもオフセ。この作品の評価は高いけれど、苦労話もいろいろ聞くことになった。手間暇かかっているんだなあ。でもAVシーンとは関係ないところの苦労話ばかり。肝心なシーンはチャチャっと撮ってしまうそうで。こちらのほうがはるかに簡単って、どうなのよ。
がちゆりは冒頭とOPだけお披露目。それにメイキングと・・・その、パジャマから始まるPVのオマージュ。このオマージュが出来すぎで、一発でアウト。だから製品には入れられなかった。ええ、商業ベースにはね。
最後はアイドル育成な物。「私が社長の高本だ」アウトだよ!3人のうち1人分のドラマだけ上映。一応このあと、5月や千遅パートもあったそうだ。このころにはタイトルや名前を隠さなくなっていたのう。気の緩みか。ゴローPが出てくるのだけれど、ゴローさんは撮影には参加していないとか。文字は出ているんですよ。ゴローP「遥~」とセリフはね。画面構成がまんまだ。そしてGOING MY WAYのライブシーンは・・・。製品にするときは差し替える予定だったけれど、その必要がなくなったからね。
次回作の話は、混沌さんとか。ハム太はゴローさんか?でゴローさんが抵抗。全国の釘宮ファンに命を狙われるから。オツボクなどのニューハーフ起用の作品も検討中。最近のニューハーフは綺麗だからアリみたい。でも女優ではなく男優として使うとのこと。他には・・・思い出せない。ペンギンやクマの出てくる喫茶店や、落語女子も名前が上がっていた。
反対に絶対ダメなのは世界を救うオタクなのとか、Gや任地堂など。メカが出るのは予算関係で無理。銀河で抱きしめるライブシーン再現や、女宇宙海賊のことね。Q出るヤツは新作は難しいらしい。
最後にプレゼント抽選会と挨拶があって、終了。退場の際はお見送りがあった。ゴローと監督とは言葉を交わしたけれど、女優さん2人とは握手だけ。十九のお目当てがよく分かる態度だ。
さて、コミケとコスホリか・・・。あのPVと、ゴローの魔装少女をどうやって確保しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

そろそろTMAコスプレAV超会議に出かけるか

本当に読めないイベントだ。場所もアレなところだし、ドキドキですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

TMAコスプレAV超会議のチケット購入

5日はあの花夏祭もあって、どちらにしようか迷っていた。開始時間も値段も一緒。
あの花夏祭は一度チケットが完売したけれど、復活してたりする。でも一度諦めると腰が重くなるの。場所が秩父じゃなくて、お台場なのも微妙。スタンディングは疲れそう。
TMAコスプレAV超会議は何やるか全然分からない。終わり時間も不明。不安とワクテカ感一杯で参加してくる。カオスなイベントになるんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)