アニメ・コミック

2018年10月23日 (火)

少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition LVで観賞

青嵐の3人が歌も踊りもキレてたわ。ミュージカルや舞台、ドラマなどの本職の人?特に柳小春役の七木奏音さん、凛々しくてかっこいい。青嵐の衣装も西洋甲冑のような青銅系で良き。
LV会場でもバナナは圧倒的な人気だた。池袋会場は女性率も高め。キャーキャー聞こえてくる。
八雲先生は76期生だから40歳か…。青嵐の3人への煽りは何とかならなかったかねぇ。あれじゃイタイ人だよ。走駝先生、へきるん。
できれば最後の闘いは一対一の六戦を見たかったな。直接対決でそれぞれの気持ちを吐露するの。それと団体戦第5戦第6戦もごにょごにょ。
ライブコーナーは生で聴きたかった。マイク持って歌っているのが新鮮。12月のライブは日程的に申し込めぬ。

| | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

銀河劇場にてレヴュースタァライトの物販に並んでみた

14日の昼の部ね。販売時間は13時20分から40分までとかなり短め。コミ1会場からりんかい線で天王洲アイルに。少し迷いつつもギリギリ20分に到着。
「あー、これ20分で捌けない人数だ」
それでも並んでみる。スタッフからは「並んでも買えない恐れ」コールが続くスリリング。パケット方式だから時間かかったけれど、40分までに並んだ人は全員買えたみたい。
扉一枚向こうからキャストの声が漏れ聞こえるなか、ロビーで静かにお買い物。純那とクロディーヌのプロマイドを購入。ななと真矢は完売してた。…なな人気あるよね。二次は缶バッジ好きで、三次はプロマイドが好み。
入場と同じく全員まとまって退場。チケなしだとロビーの展示も撮影不可だた。

4


6



さあ、アニ玉祭にいくぞ!レンタルサイクルで品川駅までキコキコ。

| | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

18年7月期のアニメで一番は「はるかなレシーブ」だった

とても良い尻アニメであったことよ。しかしビーチバレーの迫力も半端ない出来だった。ストーリーは王道中の王道。だからこそ尻とビーチバレーの演出が結果に直結した感じ。
9月にあったイベント行けばよかったかな?でもアニメのイベントは声優中心で、監督や脚本、キャラデザの人が作品について語ることは稀。そういうのは雑誌のインタビューで完結してるから。
何もしないのは悔しかったので、ゲマ秋葉原で開催されていたミニ展示会を見学してきた。

28


29


30


41




原画やスチール、サイン入りグッズもあったけれど、等身大?POPがお気に入り。

31


32


33


34


35


36


37


38


39


40



惜しむらくは正面画だったこと。「ここはバックショットだろうよ!」と声を大にして言いたい。

来場記念に買った缶バッジは遙だった。

42




おしまい。

| | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

18年10月の新アニメが始まる

今期も東京は放送時間被りまくり。もうどうしようもない。気になる作品の第1話を見たくても、レコーダーが3~4番組同時録画可能でないと不可能。木金土日は0話切りしないといけない。例え録画できたとしても、いつ見るっていうんだ?
最近はBlu-ray1巻が三桁もよくあることだとか。有料配信でいつでも見られるから、買わない人も増えたんだろう。十九はグッズやタイアップが好きだけれど、3か月で終わってそれっきりでは、お布施しようがない。
作品が消耗品な状況はやっぱり辛いよ。

| | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

老舗園田屋からお菓子が届いた(寝そべりver)

老舗園田屋に注文したお菓子が届く。

13_2



海未「園田は私ですが…」

16_2



お菓子に釣られて、津村家の食いしんぼうが集まってきた。
海未「お行儀が悪いですよ」

17



花丸・よだれちゃん『開封~』

18



海未「これは歴史と現代風俗が融合した新しい形ですね」
花丸・よだれちゃん『おお~』

19



ちょっとだけ。園田健一氏はキャラデザ&漫画家で、萌えなどという概念がない時代に美少女とメカで活躍されたお方。発展と暗黒が交差した時代。僕ラブ20の打ち上げ?に参加していた方々が生まれる前のお話。今にして思えば十九はこのころから百合っぽい世界観に染まっていたんだと思う。「ガルフォース」「バブルガムクライシス」「ガンスミスキャッツ」いずれも名作だった。

『老舗園田屋さん、ありがとうございました』

20



おしまい。

| | トラックバック (0)

老舗園田屋からお菓子が届いた

園田健一の名前に魅かれて注文したお菓子が届いた。

13



開けてみると箱の内側はこんな風。

14



元祖の朝鮮飴と園田健一氏の新作、れもん飴に加え、オプションで頼める袋もお願い。

15



賞味期限は11月。さて、ゆっくりと食べるとしよう。

| | トラックバック (0)

OVERLOADⅢを見てて辛くなった

モモンガが異世界の人間をNPCとしてしか見ていないのが、何とも言えない。視聴者としては彼らも人間で感情があるので、そちらに肩入れしてしまう。モモンガの上から目線的な思考が、ファンタジーでは悪魔のソレだから、なお胸糞悪くなる。
悪の美学もなく、ただモブキャラとして殺すだけだから。視点というかスタンスが違うだけで、こうも印象が変わるんだ。

| | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

渋谷マルイのレヴュースタァライトストアでお買い物

9月9日に行ってきた。お客さんいっぱい。

51



7日から開店だったのに(だったので)、完売が多くて残念。キャラ別グッズは在庫に偏りがあって、欲しかった眼鏡とバナナのカラビナも無かった。
仕方ないのでトレーディングのアクリルキーホルダー2種を各1ずつ購入して運試し。

54



…キリンは非常ずら。

店内にはこんなPOPも展示してあったよ。

52


53



おしまい。

| | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

木崎湖日帰りチャレンジ

木崎湖。お願いティーチャーの聖地です。過去に3回くらい訪問したことあったけれど、最近はご無沙汰だったり。何といっても遠いから。アニ玉祭でブースを見かけたこともあり気にはなっていた。
たまたま乗り換え案内で調べてみたら、都内からでも普通列車で日帰りできることに気づく。やってみるか。18きっぷのある時期、連休の初日に決行すれば、頓挫して帰れなくなっても何とかなる。7月にやる予定が休みが取れず、8月のお盆時期になりますた。
この旅の肝は高尾~松本間と松本~信濃木崎間の接続。松本を9時22分か11時19分に出発する大糸線でないと、信濃木崎にたどり着けない。9時22分に松本に着くには高尾を5時14分か43分に出発する必要がある。無理をしない日帰りを考えていたので、こちらは保留。高尾を6時14分に出る電車は松本まで直通。松本に9時35分に着くので、11時19分まで松本で1時間30分の余裕ができる。休憩や食事、セガ松本かアニメイト松本に行くことが可能になる。これが無難かな?
帰りは信濃木崎を16時20分か17時9分に出発。松本で30分から1時間の休憩と買出し。18時37分発の大月行に乗れば、大月で乗り換えて高尾に22時12分に着ける。これなら地元まで帰れそう。
信濃大町までだともう少し時間が自由になるんだ。駅前に無料のレンタルサイクルがあるみたいだけれど、木崎湖まで結構な距離がある。体力的に厳しそう。

今回は信濃木崎まで進むこと、仁科三湖を見てくることを計画して出発。そして今回のお供はこの二人。
穂乃果・ダイヤ『よろしくお願いします』

33



旅は予定通り実行中。
穂乃果・ダイヤ『わーい』

34



松本到着。

35



穂乃果「なんだかひんやりする」
ダイヤ「きっと動けばちょうど良いですわ」

36



見よ、大糸線の時刻表。

37



松本ではマックで遅めの朝食。スマホの充電も。そしてアニメイト松本と、アニメガ松本&プリズムストーン松本に来店してきた。特にアニメガ松本は一フロアにいくつかのお店がまとまっていて、居心地よかった。

38



旅を再開しよう。佐久でアニソンイベントがあるんだね。

39



これが大糸線。
穂乃果・ダイヤ『ここから先はSuicaは使えないです』

40


41



信濃木崎駅、到着した。見て、この時刻表。

42


43


44_2


45_2



ゆーぷる木崎湖でこんな彫刻を見かけた。

46



あまりに有名な公園。

47_2


48


50



ダイヤ「快晴です」
穂乃果「4回目で初めて青い空と水面を目にできたよ」

51


49



星湖亭で自転車を借りて木崎湖一周スタート。星湖亭での食事は3時ごろまでだというので、戻ってくるころには終わっている。今回は縁川商店でそばとおやきを食べよう。…星湖亭号はメンテ良くないので気を付けよう。

52


53


54



稲生駅を過ぎたら縁川商店が見えてくる。

55


56



ダイヤ「お蕎麦ですわ」
穂乃果「おやきって何だろう?」
(十九もよく知らないけど、おいしいよ)

57


58



海ノ口駅。この朽ちた雰囲気、本当に好き。

59


60


61


62


63



木崎湖周辺の自然は変わらない。

64


65


66


67



中綱湖からの流れ。

68


69


70


71



3時ごろ、星湖亭に戻って来た。自転車を返却し、小走りで稲生駅に向かう。15時20分の電車で簗場駅まで移動。ここから中綱湖と青木湖まで歩きます。

72



穂乃果・ダイヤ『個性的な駅がいっぱい』

73



中綱湖。

74


75


木崎湖への流れ。

76



青木湖。

77


78



青木湖と中綱湖を繋ぐ川。

79


80




さて、そろそろ帰る時間。簗場駅周辺には何もないので、ホームでひと休み。信濃大町で乗り換えて松本に。ここで軽めの夕食と食料の買い出しを済ませて、18時37分の大月行に無事乗車。帰宅ラッシュで結構混んでた。
そんな車内でうとうとうたた寝。気がついたら甲府を過ぎていたわな。大月以降も順調に乗り継いで、日付変わる前に帰宅。18時間30分の旅は終わった。
これで信濃木崎駅への日帰りが可能と分かったので、これからは18きっぷがあるときに出かけてみよう。
さて木崎湖は変わらず豊かな自然に囲まれていた。木崎湖周辺は日常を迎えていて、聖地商法(当時はそんな言葉なかった)の跡は日焼けしたポスターが物語る。でも聖地はそこにあり、十九はここに居る。公園ではお仲間もいた。巡礼ノートには細々とだが書き込みが続いていた。
聖地商法は影を潜めたが、聖地を訪れる人は居る。これが聖地商法の帰結だと思う。アニメがきっかけになって木崎湖に遊びにくる人が増えた。これが大切。沼津は沼津を知らなかった人たちに、聖地抜きで沼津をアピールできるかな?そうすれば10年後も沼津に遊びに来る人がい続けるだろう。

| | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

献血道に挑戦

今年はC94の献血キャンペーンに参加しなかった。体力的なものではなく、単に参加作品にお気に入りがなかったから。それでも健康診断がわりでもあったので、夏コミの時期からずらして献血しようと考えていた。
そんな矢先に茨城県献血ルームが献血道キャンペーンをまたまた開催。水戸まで出かけることにした。せっかく水戸まで行くのなら、大洗のふいんきも味わってこよう。
献血に行くため体調を整えた結果、少し遅め8時過ぎの出発。
なぜか寝そべり絵里とダイヤがついてきた。

1



絵里・ダイヤ『献血前の贅沢です』

2



水戸には12時前の到着。

3



駅前で迷ってセガと映画館のある建物に迷い込む。ここが立川と双璧をなす映画館かな?何とか午前中の受付時間に間に合った。入口ではみほとがお出迎え。

4



絵里「血を捧げよ!」
ダイヤ「無事、検査を通過すると良いですわね」

5



無事、献血は終了。今回のキャンペーンの新作ノートももらえた。

絵里「お疲れさまチカ」
ダイヤ「これが欲しかったノートですの?」
絵里「彼女たちは大洗女子の生徒会チカ」
ダイヤ「まあ、そうだったのですか」

6



10回記念で謎の盃ももらった。…出来ればガルパンの下敷きのほうが欲しかったかも。あとアイス〜。さて卒業まで何回献血できるだろう?
ひと休みしたら結構な時間になった。大洗に行くか迷ったけれど、今日行かないと次はいつになるか分からない。鹿島臨海鉄道に乗車です。

7



中もレトロな電車だ。

8



大洗駅まで来たぞ。駅の案内版にも大洗ガルパンギャラリーが掲載されててビックリ。

9


10


11


12


13


20



思ったより近かったので、大洗マリンタワーまで歩いてみた。

14


15



隣の建物は見たことあると思ったら、旧アウトレットだ。いつの間にかまいわい市場とガルパンギャラリーが戻ってたよ。

16


17


18


19



献血のあとに無茶しすぎだ。駅前まで戻ってくるとひと休み。まいわい市場で買ったお弁当を食す。
ダイヤ「クックファンの名前はガルパンファンでなくても聞いたことあります」
絵里「十九さんの嗅覚はさすがチカね。有名なとんかつ屋さんチカ」


21



これは転輪焼。この角度だと見えにくいけれど、車輪?をかたどっているみたい。
絵里「どちらかが小倉あんで~」
ダイヤ「どちらかがお芋あん」

22


飲み物を忘れずに。

23



帰りの電車はラッピング電車。うむ。良好なり。

24


25_3


26



最後に少し横道にそれて、秋葉原セガ4号館に展示されていたCV-33を見てきた。イタリアの戦車だっけ?アンチョビさんはいなかったね。

27


28


29


30


31



家に帰っていてから杯を見たら、何かすごく本格的。これに血を注いで飲むの?

32




大洗の雰囲気は沼津に似ている。寂れている街にアニメが溶け込む不思議な日常。沼津は山がちの地形でごまかされてるぶん、大洗は街が開けているだけ殺風景に映った。市街地まで行けば印象は変わるだろうか?
時間がなくて大洗マリンタワーには登れなかった。町の全景が望めなかったのは残念。ここの券売機やばい。まいわい市場とガルパンギャラリーは戻っていた旧アウトレット。空店舗が目立ったのは気になるところ。平日なのに結構お客さんいたのは盆だから?周辺道路の交通量は少なかったので、通年で見ると厳しいのかも。
沼津のことも頭をよぎりつつ、大洗を眺めてきた。次の機会があれば、マリンタワーに登りたいし、市街地?も歩いてみたいね。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧