アニメ・コミック

2019年7月13日 (土)

「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」秋葉原膝枕上映会に参加する

7月12日から放送開始の「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」
放送開始当日に、秋葉原のUDX下のサボニウス広場でAパート上映会が開催されるというので、仕事帰りにやってきた。先行上映会行けなかったし、来場者特典もあるというなら行くしかない。

ただし、膝枕上映会!

到着。真々子レイヤーさんがお出迎え。

34_20190713182501


35_20190713182501



あ、これヤバいやつだ。

36_20190713182501


37_20190713182501



実際に膝枕されるとこんな感じ。

39_20190713185501



会場全景。外で膝枕される羞恥プレイ。

38_20190713182501



金曜日の夕方にこれはヒドい。さらしものずら。

Aパート自体は真々子さんの愛情が溢れた内容だった。破壊力半端ない。期待通りの出来だった。茅野愛衣さんのママボイスも協力だた。

|

2019年6月29日 (土)

秋葉原のセガに戦車がいた

6月16日。「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」秋葉原配布会に参加したときのこと。
セガ4号館に戦車がいた。

12_20190623230001



またか。ガルパン最終章第2話公開記念だね。

13_20190623230001


14_20190623230001



搭乗者の制服からBC自由学園の生徒みたい。手を振ってくれたよ。

15_20190623230001


16_20190623230001



横からみるとクッション?敷いているのが分かる。お嬢さまかな?最終章は見てないから詳細は不明なり。

17_20190623230001


18_20190623230001



おしまい。

|

2019年6月28日 (金)

「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」のままこくらぶ秋葉原配布会に参加

6月16日にままこくらぶ配布会。しかも真々子レイヤーさんから手渡しされるという。
「行かねばならぬ!」
13時からの配布場所はゲーマーズ秋葉原。12時45分に着いたところ、待機列がない。あれ?スタッフが準備を始めると、徐々にだが人が集まり始めた。だいたい50人くらい。あれ?もしかしてやっちゃった?
スタッフによる列整理は混乱もなく完了。後は待つだけ。真々子レイヤーも登場。13時になり配布開始。

5_20190623225901



…3周くらいしたかな?真々子さんレイヤーは終始笑顔で対応してくれて好印象。

6_20190623225901



そのあと、ゲマ店頭でレイヤーさんの撮影会。スタッフによるままこくらぶとクリアファイルの配布も行われ、1回目の配布会は無事終了。

7_20190623225901


8_20190623225901


10_20190623225901


9_20190623225901



これは良いものですぞ。

11_20190623230001


しかし世間の認知度はまだまだのご様子。アニメが放送開始したら、流れは変わる…はず。

追記。22日の先行上映会は、整理券を確保したものの仕事で行けず。真々子うちわももらえなかった…このリビドーを真々子ままに全力でぶつけるべく、7月12日の放送開始を待とう。


|

2019年5月26日 (日)

劇場版「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」を見てきた

ぷにけ39からの帰り、「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」をシネマサンシャイン池袋で見てきた。
生駒は相変わらず、人と話ができない馬鹿だった。無名は恋する乙女だった。最終決戦でのカバネリたちのアクションシーンは圧巻だった。中編映画とは思えないくらい、良い意味で長く感じた。
ああ、生駒には会話というものを覚える気がないのかと、何度殴りたくなったことか。カバネリになる前からだから、天性だよな。
帰りに物販寄ったら、何も残ってなくて笑った。そういえば劇場も満席だったな。意外と評判良いのかも。

92_1



おしまい。

|

2018年10月23日 (火)

少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition LVで観賞

青嵐の3人が歌も踊りもキレてたわ。ミュージカルや舞台、ドラマなどの本職の人?特に柳小春役の七木奏音さん、凛々しくてかっこいい。青嵐の衣装も西洋甲冑のような青銅系で良き。
LV会場でもバナナは圧倒的な人気だた。池袋会場は女性率も高め。キャーキャー聞こえてくる。
八雲先生は76期生だから40歳か…。青嵐の3人への煽りは何とかならなかったかねぇ。あれじゃイタイ人だよ。走駝先生、へきるん。
できれば最後の闘いは一対一の六戦を見たかったな。直接対決でそれぞれの気持ちを吐露するの。それと団体戦第5戦第6戦もごにょごにょ。
ライブコーナーは生で聴きたかった。マイク持って歌っているのが新鮮。12月のライブは日程的に申し込めぬ。

| | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

銀河劇場にてレヴュースタァライトの物販に並んでみた

14日の昼の部ね。販売時間は13時20分から40分までとかなり短め。コミ1会場からりんかい線で天王洲アイルに。少し迷いつつもギリギリ20分に到着。
「あー、これ20分で捌けない人数だ」
それでも並んでみる。スタッフからは「並んでも買えない恐れ」コールが続くスリリング。パケット方式だから時間かかったけれど、40分までに並んだ人は全員買えたみたい。
扉一枚向こうからキャストの声が漏れ聞こえるなか、ロビーで静かにお買い物。純那とクロディーヌのプロマイドを購入。ななと真矢は完売してた。…なな人気あるよね。二次は缶バッジ好きで、三次はプロマイドが好み。
入場と同じく全員まとまって退場。チケなしだとロビーの展示も撮影不可だた。

4


6



さあ、アニ玉祭にいくぞ!レンタルサイクルで品川駅までキコキコ。

| | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

18年7月期のアニメで一番は「はるかなレシーブ」だった

とても良い尻アニメであったことよ。しかしビーチバレーの迫力も半端ない出来だった。ストーリーは王道中の王道。だからこそ尻とビーチバレーの演出が結果に直結した感じ。
9月にあったイベント行けばよかったかな?でもアニメのイベントは声優中心で、監督や脚本、キャラデザの人が作品について語ることは稀。そういうのは雑誌のインタビューで完結してるから。
何もしないのは悔しかったので、ゲマ秋葉原で開催されていたミニ展示会を見学してきた。

28


29


30


41




原画やスチール、サイン入りグッズもあったけれど、等身大?POPがお気に入り。

31


32


33


34


35


36


37


38


39


40



惜しむらくは正面画だったこと。「ここはバックショットだろうよ!」と声を大にして言いたい。

来場記念に買った缶バッジは遙だった。

42




おしまい。

| | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

18年10月の新アニメが始まる

今期も東京は放送時間被りまくり。もうどうしようもない。気になる作品の第1話を見たくても、レコーダーが3~4番組同時録画可能でないと不可能。木金土日は0話切りしないといけない。例え録画できたとしても、いつ見るっていうんだ?
最近はBlu-ray1巻が三桁もよくあることだとか。有料配信でいつでも見られるから、買わない人も増えたんだろう。十九はグッズやタイアップが好きだけれど、3か月で終わってそれっきりでは、お布施しようがない。
作品が消耗品な状況はやっぱり辛いよ。

| | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

老舗園田屋からお菓子が届いた(寝そべりver)

老舗園田屋に注文したお菓子が届く。

13_2



海未「園田は私ですが…」

16_2



お菓子に釣られて、津村家の食いしんぼうが集まってきた。
海未「お行儀が悪いですよ」

17



花丸・よだれちゃん『開封~』

18



海未「これは歴史と現代風俗が融合した新しい形ですね」
花丸・よだれちゃん『おお~』

19



ちょっとだけ。園田健一氏はキャラデザ&漫画家で、萌えなどという概念がない時代に美少女とメカで活躍されたお方。発展と暗黒が交差した時代。僕ラブ20の打ち上げ?に参加していた方々が生まれる前のお話。今にして思えば十九はこのころから百合っぽい世界観に染まっていたんだと思う。「ガルフォース」「バブルガムクライシス」「ガンスミスキャッツ」いずれも名作だった。

『老舗園田屋さん、ありがとうございました』

20



おしまい。

| | トラックバック (0)

老舗園田屋からお菓子が届いた

園田健一の名前に魅かれて注文したお菓子が届いた。

13



開けてみると箱の内側はこんな風。

14



元祖の朝鮮飴と園田健一氏の新作、れもん飴に加え、オプションで頼める袋もお願い。

15



賞味期限は11月。さて、ゆっくりと食べるとしよう。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧