« 寝そべりぬいぐるみ 新しいパン屋さんがオープンしたよ | トップページ | バンドリ!&レビュースタァライトSTORE vol.2に来店 »

2018年10月25日 (木)

劇場版リリカルなのはDetonationを視聴

まさにNANOHAだった。リフレがキャラ増やして投げっぱなしで「続く」だったのに比べ、キャラの説明から伏線回収して、キャラのその後までちゃんと描かれていた。なのはさんが力技で解決、みんな元の身体に戻って、元凶のイリスとフローリアン姉妹、ユーリもほぼお咎めなし。何で?と思うかも知れないけれど、それがNANOHAのお約束。
今回、劇場公開初日に見たり舞台挨拶に参加することが出来なかったのは悔しい。それをバネとして土曜日にまず地元で鑑賞。物販に始発で並ぶ戦争もなくなり、パンフとタオルを購入できる幸せ。色紙はイリスだた。この時は残念だったけれど、映画観たあとだとイリスの印象変わる。

1



2回目は日曜日朝一で池袋。色紙はマテリアル娘。こちらも実はマテリアル娘じゃなかった。リピーター特典を交換したら、このシーン。悪くないけどあと一息。

2


3



映画の内容は前半で新キャラたちの関係が説明、整理されていく。おかげで頭の中がスッキリ。そして後半は戦闘シーンの連続。
ゲームのキャラが出てきだけれど、ゲームとは設定が違うみたい。ゲームやってないから分からないわ。マテリアル娘と呼ばれた子たちが猫になったのはビックリかわいい。大木のイメージが猫用のベッド?だったのは予想外。
ユーリは夜天の魔導書の主か。何であんな場所に封印されてたのだろう?見落としてるかな?エルトリアの住人じゃないのに故郷として戻ったね。
今回のキーマンの惑星再生委員会・地上研究所の所長。山寺さんボイスは特徴ありすぎで、十九にも判別できた。端役ではないと気づいちゃうよ。所長のキャラで分からなかったのは、元から裏で軍事研究と資金流用をしていたのか?それとも予算削減で研究を続けられない焦りからおかしくなった学者バカなのか?
イリスはどこまでが自分の意思で、どこからが所長のコントロールだったのだろう?
キリエはやっぱりイリス大好き。アミティエはなのはさんのサポート役に徹していた。姉妹の母ちゃんも何気に出番あり。
八神家は戦闘シーンでは見せ場ありまくりだった。本筋にはごにょごにょ。
なのフェイは正義。今回、なのはさんが暴走気味で、フェイトが支えになりブレーキになってた。なのは撃墜でもフェイトが迎えにきてニヤリ。なのは撃墜のエピソードもこれで回収になるのかな?
色々語りたいけど、ここまでにしよう。何回か見て頭の中でまとめていきたい。
…これでNANOHAは完結になるの?結論はリリパⅥで明らかに?

|

« 寝そべりぬいぐるみ 新しいパン屋さんがオープンしたよ | トップページ | バンドリ!&レビュースタァライトSTORE vol.2に来店 »

魔法少女リリカルなのは」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/67304320

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版リリカルなのはDetonationを視聴:

« 寝そべりぬいぐるみ 新しいパン屋さんがオープンしたよ | トップページ | バンドリ!&レビュースタァライトSTORE vol.2に来店 »