« 寝そべりぬいぐるみ お留守番 | トップページ | ワンフェス2017 Winterのよもやま 前編 »

2017年6月21日 (水)

ポン・デ・ライオンがやってきた日

セガ限定のポン・デ・ライオンが18日、津村家にやってきた。うん。サンクリの帰りにセガで呼び止められてね。雨も降ってきたのに一緒に帰ってきたんだ。
500円3プレイの台で2000円投入して、2回分余った。でも何だかんだで3500円も使って、他にもいろいろ。

63



実は先日の小原鞠莉生誕祭でもセガで1600円ほど使って、ご覧の有り様。おかしい。ポストカードだけもらうはずだったのに、どうしてこうなった。

64_2



セガ怖い。でも負け続けのセガでそこそこの戦果を挙げられたのは良かったかも。

池袋セガGIGOは5000円くらい注ぎ込んだ挙句、泣きながら帰ってもおかしくないお店。それなのに意外とお金がかからなかった不思議。しかも店員さん自らアシストしてくれたという。だからこその低出費。それはとても奇跡なできごと。何よりCリングだったの。
セガがポン・デ・ライオンのキャンペーンをしていて、店頭で無料券を配っていたんだ。店内に入ると、3本アーム、橋渡し、Cリング全てでポン・デ・ライオンを展開中。この配置、見たことある。スクフェス感謝祭の時の果南ちゃんの投入スタイルだ。
ポン・デ・ライオンならCリングで揺すれば落ちるかもと思ったけれど、やっぱり無理だったんだ。店員さんが言うのはアームを当てる位置が悪いとのこと。ただ揺すれば良いってものではないみたい。Cリングは一発台。見通しが立つわけではないので撤退。すると店員に捕まって、調整するので頑張ってくださいと止められる。キャンペーン中だから、そこそこ取れないとお客の反応が悪くなるのだろう。最後は扉を閉めた衝撃で落ちるくらいの引っ掛け方で攻略できた。
残クレジットからの泥沼でさらに1500円投入するお約束で、残り2点も手に入れたなり。もうすっからかんですよ。それでももう津村家の寝そべりちゃん達と打ち解けているから善きかな。

|

« 寝そべりぬいぐるみ お留守番 | トップページ | ワンフェス2017 Winterのよもやま 前編 »

オタクなお店」カテゴリの記事

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ」カテゴリの記事

フィギュアやおもちゃ」カテゴリの記事

ラブライブ サンシャイン」カテゴリの記事

池袋巡回」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/65437204

この記事へのトラックバック一覧です: ポン・デ・ライオンがやってきた日:

« 寝そべりぬいぐるみ お留守番 | トップページ | ワンフェス2017 Winterのよもやま 前編 »