« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

2016年もあと数分で終わります

今年1年、いろいろとありがとうございました。ご迷惑をかけた方々、申し訳ありませぬ。
来年も寝そべりたちと共に、のんびりだらだらと過ごしていきます。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

献血出来たC91の1日目

仕事終わって速攻、献血ルーム。何やってるのやら。
予約しておいたおかげでスムーズに手続きは進み、1時間ほどで献血終了。ポスターの包みの他に、今回はタペストリーが2本もらえた。本当に豪華だ。
何か少しでもC91の1日目に足跡を残したかった。そのささやかな抵抗は叶ったチカ。
たわわ、たわわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

明日からコミケ91ですが、結局1日目は仕事行く

さすがに年末で職を失うわけにもいかず。いくつかは知人、友人にお願いする。
そして今夜はよく休むとしよう。この1週間、風邪もひかず薬も飲まず、歯医者もいかない。体に生傷もない。あとは二食しっかり摂れば条件をクリアする。
そう、献血に行こう。献血ルームも予約済み。一日ごとのポスター配布数に制限なんて無いよね?
本はどうしてもというところはお願いできた。今回の企業はなのはの特別鑑賞券だけなので、2日目でもなんとかなる。一期一会のコスプレだけが辛いなあ。もっとも初日は屋上が使えないからエントランスと庭園が地獄になりそう。屋外が使えなくなったのが如何ともしがたい。コスロムが初日なのは有名レイヤーさんをスペースに閉じ込める秘策なのかもしれないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

リスアニ27.1のラブライブ特集号を何とか確保

9時に一度アニメイト秋葉原で整理券をもらい、14時30分からの販売で確保できた。昨日の夜間ランは尊い犠牲になった…と思いたい。特典も全部ついていた。
そして秋葉原で黒澤姉妹からお説教を受ける。

ダ「十九さんは日ごろの行いが悪いから、こんな目に遭うんです!」
(面目ない)

59_2




さらに帰宅後にダイヤ様が増えて、お説教も倍倍。

ダ「もし手に入らなかったら、どうするつもりだったのですか?これは私が管理します」
(ええー)

60




(苦労したのに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

寝そべりぬいぐるみ 真姫ちゃんのサンタさん

真「今年もクリスマスにサンタさん、来てくれるかな?」

61_2



に「今年も真姫の将来を守る日がきたわ」
穂「準備はできてるよ。にこちゃん、お願いね」
に「まかせてちょうだい」

62



に「穂乃果のセンスって…」

63




に「よく寝てるわ」

64



に「これで良し」

65



に「ちゅっ、良い夢を」

66



に「ただいま」
穂「にこちゃん、おかえり。おやつあるよ」
に「プリン?今日はケーキじゃないの?あれ、他のみんなは?」
穂「みんなお相手が居るからね」
に「私はしょうがないけれど、穂乃果は居ないの?」
穂「ツバサさんは寝そべりになっていないから…」
に「しょうがないわね。一緒に食べるわよ」
穂「えっ、いいの?」
に「当たり前でしょ」

67



よ穂「じゅるり」
穂に『よだれちゃん!しょうがないなあ、3人で食べよ』

68



真「今年もサンタさんは私のところに来てくれたんだ。さっそくお礼のメッセージを書かないと」

69




おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寝そべりぬいぐるみ イシバシプラザのAqoursシングルベルver.を撮影してきた

このためだけに年末の忙しい時期に沼津まで出かけてきました。祝日とはいえイベントも無い日。それでも巡礼者はいました。イシバシプラザだけではなく、どこででも見かける。これが聖地化による恩恵なのね。ちなみに24日はイベントがあったこともあり、大混雑だったそうな。三津浜のキャンドルナイトの参加者、1500人だって。
さて、寝そべりちゃんたちの写真ですが、説明抜きに淡々と貼ってみます。コンデジによる撮影なのと、想像以上に高いところに展示してあったのでピントが甘いです。ご了承ください。
それでは始めます。

1_3


2_2


3_2


4_2


5_2


7_2


8_2


9_2


10_2


11_2


12_2


13_2


14_2


15_2


16_2


17_3


18_2


19_2


21



ここまでになります。もう可愛すぎで、一日見ていても飽きませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寝そべりぬいぐるみ かなまりのクリスマスデート

かなまりがクリスマス直前の23日にお出かけ。

鞠莉「ここは国府津。μsAqoursにとって、終わりと始まりの地」
果南「池袋で熱海行きの特別快速に間に合わなくて、次に乗ったら国府津どまりでした」
鞠莉「せっかくだから思い出の場所でのんびりしましょう」
果南「ここで20分待ちぼうけ」

1




鞠莉「沼津に到着。雄大サンシャインカフェはこんなところにあるのね」
果南「ここで一休みする?」
鞠莉「予約は必要ないみたいだから、先を急ぎましょう。1時間のロスは大きいわ」

2


4


3




鞠莉「イシバシプラザ。ここのツリー前でデートしたかったの」
果南「Aqoursの皆が見てる」
鞠莉「見せつけてるのよ。私は2年間も待ったのだから」

5


7


8


9


10


11


12


13


14


15



果南「鞠莉、少し足を伸ばさない?」
鞠莉「良いけど、どこに行くの?」
果南「ナイショ。今度は私が案内するわ」

鞠莉「WAO、水門!」
果南「鞠莉が曜と浮気していたと・こ・ろ」
鞠莉「あ、あっちが内浦かしら?あそこが大瀬崎?」
果南「この日差しのように、鞠莉を染め直してあげる」

16


18


17_2


29


30


32


33



鞠莉「沼津みなと新鮮館でお土産を見ていきましょう」
果南「ひもの定食、美味しそう」
鞠莉「それは最後のお楽しみ。代わりに焼き串で我慢ね」
果南「雄大カフェではドリンクを頼もうよ」
鞠莉「今日はキッチンカーが新鮮館に来てるのよ」
果南「風が強いし喉も渇いたから一休み。ホットココアで温まろう」
かなまり『ようこそ!私たちの大都会、沼津へ!』

34


36


35


40


37


38



果南「鞠莉、沼津の街を少し歩かない?」
鞠莉「あんなにみなと新鮮館で食べるから」
果南「へへっ。腹ごなし…。あげつち商店街はAqoursメンバーも参加した絵馬コンテストを開催中なの」
鞠莉「かわいい…Aqoursの絵馬も見つけちゃった…果南?」

果南「駐車場のおじさまからみかんもらっちゃった」
鞠莉「もう…。あれ?千歌っち。こんなところで何してるの?」

41


42


43


46


44


45


47



鞠莉「〆の雄大サンシャインカフェに来たわ!」
果南「お腹空いたね。鞠莉は何を食べたい?」
鞠莉「私にそれを言わせる気?」
果南「ごめん。鞠莉に松浦家の食卓をお願い」

48


49


50


51


52


53


54


55


56



鞠莉「すっかり暗くなっちゃった」
果南「ヤバ珈琲店に寄れなかったな。残念」
鞠莉「今回は今まで行けなかった港を巡れたのだから、良しとしましょう。メイトやゲマも次の機会に取っておきましょう」
果南「最後にもう一度、イシバシプラザを見たいな」
鞠莉「果南もクリスマスが恋しいのね」
かなまり「来年も二人でツリーを眺めようね」

1_2



かなまり『ただいまー。これ、お土産です』
『おかえりー。いっぱいありがとう。楽しかった?』
かなまり『もちろん』

57


58



鞠莉「あ、果南。またボタンが外れてる」
果南「鞠莉、いつもありがとう」

59



『………あれれれ?もしかして?』

60


61




おしまい。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメイト秋葉原でリスアニのラブライブ特集号、整理券もらえた

14時30分からで特典つき。
怒りによる疲労で8時ころまで寝ていたら、アニメイト秋葉原に全然並んでいないという情報が入ってきたなり。慌てて支度して、9時過ぎ着だったけれど何とかなった。
まだあるから、欲しい人は急いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

リスアニが見つからなかった…

仕事が憎い。予約しておけよ、と思うかもしれないが、当初は三連休だったりする。だから24日は一番くじとリスアニの為に秋葉原のゲマに行こうと決めていたんだ。余力があったら、三津浜のキャンドルナイトを目指す!
それが22日の夕方に全て打ち砕かれた。急に決まった仕事ではなく、今週頭には決まっていたみたい。それを前日まで伝えないという。こういうことがこれまでもあって、予定が飛ぶことが時々あった。先に言ってくれれば対策も立てられるのに、毎回黙っている。だから今日もイライラしっぱなし。
それでも夕方に秋葉原にでも行けば、ゲマやメイトに山積みだと思っていたんだ。ところが昼頃から各地で完売の報が回ってきて、仕事が手に付かなかった。秋葉原や池袋は厳しかろうと、埼玉の郊外を目指したけれど、3時間無駄足を踏んだだけで終わる。
入荷少ないみたいね。再販に希望をつなぐか、それとも明日もうひと頑張りするか。でも明日は明日で予定があるし、諦めるしかなさそう。
そして三津浜のキャンドルナイトの画像が回ってきて、さらに追い打ちをかけられた。今日はもう寝よう。昨日の沼津の画像は後回し。クリスマスネタも明日。
29日は職場の大掃除だけれど、インフルエンザにかかるとしよう。いま決まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

寝そべりぬいぐるみ クリスマスデート

鞠「果南、一日早いけれどクリスマスデートしましょう」
果「え?どこ行くの?」

57



鞠「青春18禁切符で出発よ!」
果「あれは青春18きっぷだって。だから、どこ行くんだってば!」


58




続く。結果は帰ってきてからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

寝そべりぬいぐるみ 凛ちゃん!かよちん!

花「何かきてる」
?「早く開けるにゃー」

48



凛「かよちーん!」

49



花「はわわわわっ」
凛「にゃー」

50



『きゃっ』
どさっ

51




花「り、凛ちゃん?」
『ふうっ、やっと着いた』
花「み、みんなも…いったい?」

52_2



花「凛ちゃん、どうして十九さん家に来られたの?」
凛「タイムセールのおかげだよ!」
花「ええっ?どういうこと?」

53



『ことりの到着が遅れていますが、必ず十九さんが連れてきます』
『これでようやく8人揃ったわね』
『花陽ちゃん、待たせてごめんね』

54



『それじゃあ、とりあえず記念撮影、いってみよう!』

55_2




もう少し早く気付いていたら、ことりちゃんもお迎えできたのにごめんね。いま、探しているから、あとちょっと待ってて。


56


箱の中はぎっしり寝そべりが詰まっていて、「じ~ん」ときた。ちっちゃくてもかわいい。でもちょっとだけ歪なところがあるなあ。小さいから仕方がないけれど、値段の割には雑だのう。
でも可愛いから許す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

終末のイゼッタが終わっちゃった(ネタバレあり)

ラストはイゼッタとフィーネの笑顔が見たかった…。二人の顔が出なかったのは、エイルシュタットが表向き「白き魔女は亡くなった」としていることを表現したかったのかも。でもそんな建前は抜きにして、視聴者にイゼッタとフィーネの二人の秘め事を見せてほしかったな。
こういうあいまいな表現、好きじゃない。日本の作品には多いけれどね。
話のまとめ方は良かったな。エイルシュタットを守るための方法。各キャラのそれぞれの結末。最後の歴史の流れ。ただ、あの皇帝が自殺するだろうか?実は側近が暗殺していたり。
来週はクリスマス特番か。どんな内容だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お目当ては奇譚クラブねこうさぎちゃんだったり、たわわだったり

秋葉原で探したけれど、完売しているところ多いの、ねこうさぎちゃん。猫好きおおいのか?それとも十九の様に寝そべりに被せるのか?かろうじて見つけた残り2個。

38


やっぱり可愛い。モデルはヨハネと花丸。

ルビィちゃんとダイヤ様も一緒に記念撮影。

39


40


41



月曜日のたわわもメロン秋葉原で予約完了。予約券が無かったので店員さんに用意してもらった。後で知ったのだけれど、予約締切間近だったみたい。危なかった。

秋葉原での収穫物など。

37


SEGAでルビィちゃんのバスタオルゲットしたように見えるけれど、ちょっと違う。秋葉原では立て看板を撮影しただけだったり。

42


43


44


45


46_2

鞠莉は池袋で撮影。他地域分も撮りたいけれど厳しいわ。

ダイヤ様のクリアファイルは欲しいけれど、取れそうな景品が無い。そこで渋谷に移動して、タンブラーにチャレンジしたんだ。でも見込みがなかったので500円で撤退。手ぶらで帰るのも悔しくて、向かいのタイトーでサービス台狙ったった。そして200円で陥落。
ゲーセンは魔窟だと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

C91のNANOHAブースの販売物公開中

NANOHAサイトではなくViVId Strikeサイトで先行しているのが何とも。
欲しいのは劇場版特別鑑賞券2種かな。抱き枕カバーはもう持っているし、Tシャツは欲しいデザインが無かった。
当日、あんまり並ばないと良いなあ。特別鑑賞券はいつも最後まで残っているし、大丈夫だよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

終末のイゼッタ 合言葉キャンペーン最終日

今週も危なかったけれど、何とか参加できた。

21



第2週のベルクマンのステッカーが無いのが悔やまれる。抽選会にも参加したかったのに、予算が絞り出せなかった。申し訳ない。みんな貧乏が悪いんや。
ちょっとだけ他の参加者を見たけれど、場所柄やっぱり女性が多い。そして「もう1枚」に参加してる人がリッケルトを指名していたなあ。羨ましす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

寝そべりぬいぐるみ サプライズ曜ちゃん

曜「皆さん、こんばんは。Aqoursの渡辺曜です。今日は愛しの千歌ちゃんへのサプライズを実行するため、ここに隠れています」

17



千「わぁ、梨子ちゃんの大きい」
梨「千歌ちゃんだって、ちっちゃくてかわいい」
千「えへへ、そうかな」
曜「あれ?梨子ちゃんも一緒だ」

18



千「ねえ、梨子ちゃん。触ってもいい?」
梨「ええー、ちょっとだけですよ。強く触らないでね」
曜「んんっ?」

19



千「すべすべして、気持ちいい」
梨「千歌ちゃん、もっと優しくして。壊れちゃう」
曜「むむむむむっ!」

20



曜「ダメー!」

21



千「えっ?曜ちゃん?どうしてここに?」
梨「曜さん。いつ十九さん家に来たのですか?」
曜「えーと、二人ともその格好は一体?」

22



千「十九さんが準備してくれたクリスマス衣装の合わせをしてたんだよ」
梨「トナカイのカチューシャ、可愛いですよね」

23



『ねー』

24



曜「あー、…はいはい。あ、渡辺曜、本日から津村十九庵に御厄介になります」
千「ほんとう?じゃあ、早速このトナカイカチューシャを着けてみて」
曜「うんっ」
千「私はサンタ帽にするね」

26



千「今日からAqoursの2年生、勢ぞろいだよ」
梨「Aqours結成のときを思い出しますね」
曜「今日からよろしく、ヨーソロー」

27



おまけ。

『わーAqoursのアイスだ』

34


35



『シール、シール』

36




さらにおまけ。今回もいつものタイトーでお出迎え。末広がりの橋渡し。

28



誰かが途中で諦めたみたいで、続きだったこともあって500円だった。

29



セガの筺体は華があって良いね。でもお金がいくらあっても足りない。

30



そして気がついたら、曜ちゃんが二人いる。不思議だね。

31


一人はセガ…ではなくショップ通販。セガで惨敗を繰り返した反省から、安いお店を見つけて曜ちゃんからは予約していたんだ。なにしろセガでは毎回3500円から5000円ほど投入していたから、一人2000円以下の魅力に勝てなかった…すまぬ。万が一ゲーセンで取れなくても、撤退できる余裕を持たせるためだった。
ところがAqoursになってから、2000円かからないでお迎えできるようになった。お店選び、台選びは大切だと学んだ結果。
最後にAqoursのみんなで記念撮影。

32_2


33_2



おしまい。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝そべりぬいぐるみ 曜ちゃん到着前夜

9日金曜日。

千「十九さん、曜ちゃんを連れてきてくれるかな?」
梨「十九さんなら、曜ちゃんを2人はお迎えしてきますよ」
千「え?私は一人だけなのに…?」

15



「ごめんね、今日は仕事が忙しくてゲーセンに行けなかった」
『…』

16



土曜日にはがんばってくるから、もう1日だけ我慢してね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

終末のイゼッタ「エイルシュタット合言葉キャンペーン」の条件変更

第2週に仕事で行けなかった十九に救いの手が差し伸べられた!
ベルクマンだけれど行くしかないかと思っていたら、急な仕事を言いつかり、20時ごろまでごそごそ。ふてくされですよ。
しかし1枚でもステッカーがあればフィーネ様のステッカーがもらえることになった。これはやる気が出てきた。あとはまた仕事で行けなくならないよう。そしてイゼッタのステッカーも忘れないこと。
…平日の17時~19時って厳しいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜のお空でお散歩デートなフィーネとイゼッタ

終末のイゼッタ11話。フィーネ様の激しい攻めにイゼッタが陥落したお話だった。夜明けのシーンはもう…。
7話ですでに事後の様子が描かれていたけれど、その後が続かなかったみたい。それが名前で呼びあうことでまた肌が触れ合ったということか。とても百合百合しい名作になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水樹奈々 LIVE ZIPANGUの代々木第一体育館公演チケット確保

1月29日分ね。FCに入っていない十九は先行抽選組。よりにもよって因縁のe+で。でも現金支払いのみのローチケはタイミングが悪かった。
代々木体育館は箱が小さいから無理かなと思っていたのに、予想外で確保。関東のファンはツアーファイナルの3月たまアリに集結予定?それだとしたら助かる。十九にとって3月は花粉症と繁忙期でヘロヘロやし。週末もイベント多いから調整が大変なんだよね。
ともかく横浜スタジアム以来の水樹奈々のライブ。いまから準備しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

寝そべりぬいぐるみ 一粒で二度おいしい

穂「夜食、夜食~」
がさごそ。

9



穂「これは…」

10



穂「ショートケーキ味の焼きそばだぁ!」

11



穂「カップ焼きそばだけじゃなく、ショートケーキも味わえるなんて、し・あ・わ・せ!」

12



海「穂乃果!穂乃果!」
こ「穂乃果ちゃん、しっかり!」
ピクッ、ピクッ。
よ穂「♪~」

14




おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

実写版咲、第1話を視聴

和の胸の盛が足らないぞ。優希の声は頑張っていたかな。でも、それは優希の声じゃなくて、くぎゅの声…。ところで京太郎役のゴローはまだですか?全体的に演技はまだこれからといった感じだね。
あと、漫画的な演出や擬音がやっぱり浮いているよ。ドラマの演出にしたほうがしっくりくると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

リトルデーモンのカチューシャを予約したずら

記念撮影楽しみずら。でも6人が揃うのは3月ずら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

終末のイゼッタ10話が熱かった

てっきりイゼッタはゲールに連行されるかと思っていたら、エイルシュタット軍が奪還したのには驚いた。残り話数の関係もあるのだろうけれど、正規軍がまともに機能しているアニメも珍しい。イゼッタと正規軍の連係プレイが良い感じ。
終末のイゼッタの良いところは登場キャラがまともなところ。敵味方、善悪の違いはあれど、常識で測れる人ばかり。アニメ独特の基地外キャラが居ない。
10話でもイゼッタに借りを返すためにエイルシュタットの名も無き兵士が何人も戦死し、またゲールに捕えられている。市民が武装し、山に立て籠もる。旧塹壕に隠れるエイルシュタットの首脳陣がイゼッタの身を案じるのも、秘密兵器だからではなく恩義を感じることから。
ゲール側のサブキャラも人間なんだよな。ベルクマン、バスラ―、エリザベート。彼らは職務に忠実なだけ。でも胸にいろいろ閊えている状態。
おかしいのはオットーとゾフィーくらい。
まあ、お話はところどころおかしいところがあるけれど、あんまり気にならないかな。ゲールはゾフィーを開発しているならイゼッタに固執する必要ないとか、あれだけの軍事力があるならイゼッタ相手にしなくても勝てるだろうとかおかしい国だよね。同盟国側への講和条件やボルガ連邦相手の回線などは敗北フラグだ。
あとレッドフォード卿というかブリタニアはやっぱりゲールと通じていた。
あと2話はどんな展開になるか楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝そべりぬいぐるみ パジャマパーティーにご招待

穂「週末恒例、『どきっ、パジャマ寝そべりだけのお泊り会』、始まるよー」
『わー、パチパチ』
穂「今夜のおやつは穂むら特製、栗どら焼き!」

1



絵「今日はスペシャルゲストが来てます。可愛い後輩、桜内梨子ちゃんです」
梨「こ、こんばんわ」
『わー、かわいいー』

2



『ささ、梨子ちゃんもお一つどーぞ』
梨「わー、おいしそう」

3



梨「そういえば、実は皆さんにお聞きしたいことがありまして」
『なーに?恋バナ?』
梨「来週、メガジャンボ寝そべり曜ちゃんがやってくるのですが、彼女…千歌ちゃんが好きみたいなんです。おかしいですよね?」
『え?』

4



『…ええっ?』

5



『ひそひそ』
「梨子ちゃん、自分も千歌っち好きなの気づいていないのかな?」
「スクールアイドルで百合じゃない娘っているの?」
「壁クイ同人誌、こっそり集めてるよね?」
「梨子ちゃんを傷つけずに、どうやって分からせたらいいのだろう?」
もぐもぐ。

6



『あ、あのね、梨子ちゃん』
もぐもぐ。

7



梨「あ、おかわりもらっていいですか?」
『えっ…あ、はい』
梨「あれ?甘い物頂いたら、何か大事なことを忘れたような…。ま、今夜はいっぱいしゃべりましょう!」

8





おしまい。続きは恐ろしくて書けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »