« 「少年メイド」は作品のタイトルであって、ジャンルじゃないです | トップページ | 渋谷のサボローの部屋にやってきた »

2016年7月17日 (日)

ラブライブサンシャイン3話でしょんぼり

μ'sとAqoursの違いは比較で表現するものじゃないと思うんだ。もっと根本的なところからお話を変えて、別のスクールアイドルにしないと作る意味がない。
Aqoursのメンバーがμ'sに憧れるのはいいんだ。おかしいのはメンバー9人が揃う流れやグループ名の決め方。μ'sと同じじゃないか。これじゃあAqoursのキャラでμ'sの結成ストーリーをなぞっているだけ。キャラや舞台による違いしかみえてこない。
ファーストライブで緞帳が開くとき、観客0かどうかが気になったら駄目なんだよ。
来週は1年生2人がAqoursに加入するのだろう。3人が2人になるのはμ'sとの違いとは言わない。2年生3人で活動を始めて、4話で1年生が加入する。そこを同じにするのは何で?
「μ'sと違うこんなスクールアイドルも居るんだね」という感想が出てこないんだよな。

|

« 「少年メイド」は作品のタイトルであって、ジャンルじゃないです | トップページ | 渋谷のサボローの部屋にやってきた »

ラブライブ サンシャイン」カテゴリの記事

コメント

サンライズはガンダムと同じでいいやと思ってるんじゃね?
毎回デザインが変わるだけで脚本のパターンは三種位しかないよ

投稿: 出戻り | 2016年7月17日 (日) 10時54分

ビッグタイトルだから迂闊なことが出来ないのかもね。無難な出来でも最初からファンが居るから安全だし。

投稿: 津村十九 | 2016年7月18日 (月) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/63926410

この記事へのトラックバック一覧です: ラブライブサンシャイン3話でしょんぼり:

« 「少年メイド」は作品のタイトルであって、ジャンルじゃないです | トップページ | 渋谷のサボローの部屋にやってきた »