« 晴風沈没に大爆笑! | トップページ | ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ お土産を分けよう »

2016年6月26日 (日)

甲鉄城のカバネリ11話の感想

金剛郭の守り、ガバガバやん。美馬の父ちゃん、将軍興匡も狡猾な男と予想していたのに、恐怖に憑りつかれた小心者だった。これはあかん。美馬を返り討ちにするかと思ったのに拍子抜けした。
美馬が恐怖に立ち向かえというようなことを叫んでいたのは、父親へのあてつけのようなものか。結局、父親との関係の呪縛から逃れられていないのだろう。
美馬は父親と金剛郭を壊して満足しただろう。でもこのあとどうするつもりだ?無名を黒けぶりにしたのは、金剛郭を完全に破壊するのと金剛郭に撒き散らしたカバネを回収するためだろう。何か本当に何にも考えていない気がするなあ。よくこんな男に部下がついてくるものだ。
12話を予想するに、生駒は無名を正気に戻したあと暴走する。それを逞生が命がけで守って石で正気に戻す。美馬は死んでる。そんなところかな?

|

« 晴風沈没に大爆笑! | トップページ | ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ お土産を分けよう »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/63834744

この記事へのトラックバック一覧です: 甲鉄城のカバネリ11話の感想:

« 晴風沈没に大爆笑! | トップページ | ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ お土産を分けよう »