« 氷川翔先生サイン会のふいんき | トップページ | リッチな生活の終わり »

2016年1月24日 (日)

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ 3COINSのボックスを組み立てる

先週買った3COINSのボックスを組み立ててみた。

28
なかなか良い感じ。底板もあってしっかりしている。グッズを整理するのにちょうどよいわ。


「十九さん。このボックス、あたしに頂戴」

29
「穂乃果ちゃん。何に使うの?おうちにするには小さいよ」
「使うのはあたしじゃないですよ」


「ウミチャー、もらってきたよ」
「「ホノカ、遅いですよ」」
「ちゅん、ちゅん」

30_2
園田’sにちゅんぐるみ…。この間連れ去られた穂乃果クッションに…ハピメハノケチュン!

「「先日生まれたのですが十九さんに言えず、今日まで引き伸ばしに」」
「十九さん、家に住んでも良いよね?」
「ちゅん、ちゅん」

いまさら一人増えても変わらないか。
そして…

32_3
「これで、ハピメハノケチュンも安心して寝そべられるね」
「「落ち着けたのか、こんなに寝そべって…。十九さん、ありがとうございます」」
「ちゅん、ちゅん」


実はこれを再現したくてハピメハノケチュンを確保。

33_3
元ネタは分かるかな?

セガ秋葉原1号館でお迎えしたのだけれど、2000円もかかってしまった。キャンペーンの穂乃果のメッセンジャーバッグに手が届くのが確実になった。小さいと大変だ。CLUB SEGA秋葉原にすべきだったかな?1号館の人気が減ったのは、渋いからだろうなあ。

34_2


秋葉原のゲーセン各地で見かけた、長門フィギュア。出来がめちゃくちゃ良い。みんな果敢にチャレンジしているのも納得。でも2個取らなきゃいけないんだよね。長門と砲台が別な造り。いくらつぎ込むか想像もできない。中古屋に4980円で並んでいるのを見て、すごすごと引き上げる。プライズ景品はお店で買えるとわかっていても、なぜか買う気がなかなか起こらない。レジに向かわなかったといことは、そういうことなのだろう。
来週のマックスジャンボぬいぐるみと2月の僕光ブランケットに全力を注ごう。

37




それでも2000円もつぎ込んだもやもやが晴れず、池袋のセガでこんなものを手に入れた。

36

サービス台だったんだけれど、100円で取れた。それもCリング。バーの先の溝に三分の一しか刺さっていないから当たり前。クリスマスverだから本当に奉仕品なんだね。
ぼんやり眺めていたら、店員がお好きな景品を付けますよと声をかけてきて、つけてもらったのがこの子。風呂敷のイラスト以外はクリスマス色ないし。溝に甘がけしたのは十九を素人と思ったのか?それとも本当にサービスだったのか?1回で落としたら、次はしっかり溝にはまっていて笑った。でもアームも強いから、何回か揺すれば落ちるね。
一方、その隣では、若い女性たちが宮野真守デザインの謎ぬいぐるみに群がっていた。店員さん、女性には甘いな。

|

« 氷川翔先生サイン会のふいんき | トップページ | リッチな生活の終わり »

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/63112756

この記事へのトラックバック一覧です: ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ 3COINSのボックスを組み立てる:

« 氷川翔先生サイン会のふいんき | トップページ | リッチな生活の終わり »