« 水樹奈々さんとMuse出演のミュージックステーション、録画できなかった | トップページ | ワンフェス2015夏にお出かけ »

2015年8月 2日 (日)

クロスアンジュ 夏休みファンミーティングのレポ

初参加。

1



でもこの濃ゆい内容なら毎回参加すればよかったと、いまさら後悔中。もともと十九はロートル。声優の身内ネタよりスタッフによる制作秘話が聞きたい。スタッフが壇上に上がり、22~25話までの作画や設定を語り始めてからはワクテカですよ。
記憶もあやふやになりつつあるので、箇条書きしておく。
22話でモモカが何とも言えない目であの二人のくんずほぐれつを見ている。そして12時間煮込んだポタージュが引き立つ。本当は夕飯だったのだろうな。いつまで経っても帰ってこないと思ったら。
エルシャはドラゴンの男性と結婚する予定だった。でもドラゴンの男性は竜形態なので、子作りできずに没。子ども好きの設定だけ残った。
ドラゴン戦艦の設定は採用されず。どこかで使いまわしたい。
Blu-rayのパッケージでキャラが持っているプレートの数字。アンジュは1203-7716。1はミスルギを、203はミスルギ暦203年、77はその年の77人目のノーマ、16は年齢を示している。アンジュはミスルギで203年に捉えられた77人目のノーマで16歳ということ。
シリーズ構成の樋口さん、そらかけで失った自信を取り戻す。
福田さんが御大と呼ぶお方は?
22話で福田さんがキャラデの小野さんにセクハラ。
漁船にしか見えない駆逐艦や、バスタブにしか見えない空母を修正した重田さん。
パメラ役の声優さんは元交通情報おねーさん。「これからもクロスアンジュを好きでいてくれるかな?」との問いかけに、会場は「Yes、Mam」そこへ「生理的に無理」と突っ込みを入れる福田さん。
戸井田さん。次はガンダムに参加するみたい。
「やけに数字の7にこだわるのは誰か」で上層部が責任のなすりあい。
気持ち悪い髪型とポーズを叩かれるエンブリヲ。
製作にあたってキングやバンダイから「それはダメです」といっぱい止められたとか。究極はタスクの自爆シーンだろうな。
ともかくスタッフからボヤキと愚痴がぼろぼろと語られること。それも全て終わったから言えること。何だかんだで愛されているな。B級作品でよく頑張ったよ。だからこそ、ファンミも8回できたのだと思う。スタッフ中心のイベントが8回行われるなんて、稀有な例だよ。
プレゼント大会ではグッズセット、台本、色紙などが出品。そこでサリアのグッズセットを忘れてくるハプニング発生。まあ、サリアだから。
最後は後ろで見ていたスタッフも呼ばれて、一言ずつあいさつ。それで終わりかと思いきや、会場を劇場のロビーに移してのサイン会。グッズかBlu-rayをもっていれば良かったけれど、残念ながら。
名残惜しいけれど、会場を後にした。次はオールナイト上映か。時間が取れない…。
さて、ここからは会場で撮影したものあれこれ。

2



会場に掲示されていたポスター。プリンの存在感が半端ない。


3



オールナイトのポスターを遮るプリン。


4



台本やパッケージ等の原画展示。アンジュのフィギュアも飾ってある。


5



シルヴィア失禁シーン。



6



ロザリーとクリスの告白シーン。


7


アンジュとタスクの濡れ場。



8



ロボット魂の展示。


9



十九が当たった色紙とプリン。


10


戸井田さんの描きおろし。
ヴィヴィアンの色紙はサインがいっぱい入っていたよ。



11


色紙と入場者特典のポストカード。

ペロリーナくんとは記念撮影済み。会場到着がギリギリで、個撮タイムがあったかは分からない。あと、前回居たというレイヤーさんは居なかった。残念。

これで一区切りだけれど、クロスアンジュへの想いはまだ続きそう。


|

« 水樹奈々さんとMuse出演のミュージックステーション、録画できなかった | トップページ | ワンフェス2015夏にお出かけ »

企業イベントとか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/62004305

この記事へのトラックバック一覧です: クロスアンジュ 夏休みファンミーティングのレポ:

« 水樹奈々さんとMuse出演のミュージックステーション、録画できなかった | トップページ | ワンフェス2015夏にお出かけ »