« AJ2015帰りの秋葉原 | トップページ | ローソン×ラブライブキャンペーンの景品が届く »

2015年3月22日 (日)

アンジュが苦労するお話だった、クロスアンジュ23話

ダジャレかよ。23話で敵はエンブリヲだけになった。騎士団は瓦解したしね。ロザリーとクリスはガチ。
タスクとエンブリヲの対決は、どちらがアンジュ(の身体)を知っているかだった。さすがにパンツ対決はなかったか。エンブリヲはアンジュの外見だけしか知らないけれど、タスクは内面と膣(なか)も知っていた。三日三晩は盛りすぎ。男の自慢対決って虚しいわ。
アレクトラは本気でエンブリヲと一緒に行きたいのかと考えちゃったよ。まだ未練というか洗脳は残っているかもしれん。エンブリヲを凍結させるためのフェイクは、エンブリヲの本体がすぐ近くにいたために失敗。
ヒステリカがエンブリヲの本体。言われてみれば、騎乗せず戦うのは不自然だ。いくら肉体が何度でも蘇るとしても、感覚があるなら外にいたら不都合もあるはず。エンブリヲはヒステリカを操縦する必要もないと勝手に思い込んでいた。一体化の意味が違ったという種明かし。
操縦席は空っぽかな?それとも延髄だけ?そうなるとエンブリヲに手籠めにされてきた女性陣は、実は無傷なんじゃ…?だってあれホログラムかダッチハズバンドだろう。
アウラの民がようやく参戦。重力を操る竜が再登場したけれど、味方になっても力強いとは斬新。彼らは人間なわけで、そう考えると初期の戦闘は結構グロいシーンなんだな。
最終回予告で、アンジュのパンツ握りしめているのが意味深で困る。まさかヒステリカがパンツで墜落したりしないよな?それはあまりに間抜けすぎる。でもそれが起こっても不思議じゃないのがクロスアンジュ。あと確実に冒頭でエンブリヲが裸んぼのアンジュの処女検査してる。タスクの言いぶりでは何かアンジュ妊娠してるっポイし、エンディングでは育児しながらタスクと喫茶アンジュを経営していそう。それでも許せるのがクロスアンジュ。

|

« AJ2015帰りの秋葉原 | トップページ | ローソン×ラブライブキャンペーンの景品が届く »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/61320454

この記事へのトラックバック一覧です: アンジュが苦労するお話だった、クロスアンジュ23話:

« AJ2015帰りの秋葉原 | トップページ | ローソン×ラブライブキャンペーンの景品が届く »