« MJ10月20日放送分、再放送 | トップページ | 第2回アニ玉祭のよもやま »

2014年11月 2日 (日)

第2回アニ玉祭1日目のいろいろ

舞台めぐりの集大成、ヤマノススメのTシャツもらうために行ってきました。Tシャツもらうまでは別記事で紹介したので、ここからはその後のレポなどを。
アニ玉祭は有料と無料の二つのエリアがあり、聖地関連のブースは有料エリアにあるという。「物販メインのイベントで有料はないや」と思いつつ、結局は当日でも買える前売り券を入手。
無料エリアのメインはヤマノススメのラッピングバス。

6_2


国際興業バスが飯能から運転してきた模様。

7_2

8

9


驚くべきは中もラッピングされていること。お客さんはどう思っていることやら。

10


表には4人のPOPも展示され、見物客はひっきりなし。

11


そこに夢馬くん、現る。

12

おや?誰か来ました。

13

NHKさいたまのマスコットキャラ、サイちゃんです。

14


タマちゃんも現れて、怪しさ最高潮。

15


だからバスに乗るのは無理があると…。

16

17


志木市のデコトレ。う~ん。正直、微妙。

18


個人所有の痛車もいっぱい並んでいた。こちらはパチンコ台が一緒。

19


こちらはドール付き。精巧な作りしているなあ。

20


お昼に食べたオムそばです。

ここから先は会場内。

21



タイムズマートに飾ってあった、あおいとここなの人形。おそらくお手製。出来が良すぎてコワい。

22


ほーら、ここなちゃん。ソフトクリームですよ。

23


飯能市のブースにあった、天覧山の看板?

24


木崎湖ブースにあった、みずほ先生と深衣奈の木彫り。

25


富山県南砺市ブース。新作かしら?

26


展示ブースで一番衝撃を受けた、シドニアの騎士の継衛発進体験コーナー。何のことかと思うかもしれないが、ゲームショーで直前に中止になった、VR彼女?と同じシステム。スコープとヘッドフォンをつけ、視覚と聴覚で継衛のコクピットにいる感覚を体験できるもの。決して、1/1コクピットに座るものではない。
手を伸ばすと操縦桿が掴めそうなのに、伸ばした手が見えない不思議。何とも言えない気持ち悪い感覚に包まれた。「前ばかり見ていたらつまらないですよ」と係員からアドバイスを受けたので、いろいろな方向を眺めてみる。向いた側の映像がそのまま見られるのは、リアルの証。ゲームは映像が3Dでも見ている画面は平面。無意識に脳が区別しているのだと思う。SAOが実現するのも時間の問題だな。

27

表に出てきたら、ゆるキャラが居た。

すいません。コスプレは別記事にまとめます。

|

« MJ10月20日放送分、再放送 | トップページ | 第2回アニ玉祭のよもやま »

コスプレさん」カテゴリの記事

企業イベントとか」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/60512854

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回アニ玉祭1日目のいろいろ:

« MJ10月20日放送分、再放送 | トップページ | 第2回アニ玉祭のよもやま »