« ストレンジ・プラス第3話が歪んで見える | トップページ | 先の展開が読めないサムライフラメンコ »

2014年1月24日 (金)

渡瀬悠宇が「アラタカンガタリ~革神語~」のリマスター版出版について語ったそうで

小学館だからと納得。週刊少年サンデーなら「またか」という感想。編集に関して悪い話しか聞こえてこないところ。
漫画家や原作者が軽んじられて、作品が独り歩きしてトラブルになる事例は多いね。最近はネットのおかげで表沙汰になるだけマシか。プロが同人誌作ったり、webや同人誌での発表する作家が居るのも分かる気がする。でも今度は独りよがりになる恐れがあるから困りもの。

|

« ストレンジ・プラス第3話が歪んで見える | トップページ | 先の展開が読めないサムライフラメンコ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/59001436

この記事へのトラックバック一覧です: 渡瀬悠宇が「アラタカンガタリ~革神語~」のリマスター版出版について語ったそうで:

« ストレンジ・プラス第3話が歪んで見える | トップページ | 先の展開が読めないサムライフラメンコ »