« Anime Japan2014開催決定! | トップページ | 「てさぐれ!部活もの」第1話を見てみた »

2013年10月11日 (金)

実は会社を解雇されていた話

でも、まだ会社に在籍中。そして18日付で退社して21日から次の会社に再就職。ところがいまだに有給消化中ができず、それに絡んで昨日からトラブル続きだったり。
時系列で説明してみよう。
9月6日。上司から解雇通知を受ける。「会社に対する態度が悪い」というのは解雇理由にはならないのだけれど、もともと辞めたいと思っていたので承諾。なので解雇自体はどうでも良かったり。
問題はここから。
運送業務なので引き継ぎをしてほしいと言われる。有給はどうなっているかと聞いたところ、35日あるという。引き継ぎの合間でも職探しができることを条件に引き受ける。有給は引き継ぎ終了後に消化に入ると。簡単に仕事は見つからないと思っていたので、こちらも了承。
そして引継ぎ中でも仕事が見つかったら、退職できることも条件に加える。ここでトラブルが発生。事務方は使い切れなかった有給は消滅するという。有給買取は禁止されているのが理由。しかし数年前、当時の上司から「遊びで有給使ったらクビ。そのかわり退職時に有給残は買い取る」とお達しがあった。そのことを告げたら、事務方は「もう辞めた上司が何を言ったか知らないが、そんな決まりはない。しかし便宜は図る」と曖昧な返答。
これがトラブルのもと。禁止されているから表向き買取りを言えないのかと解釈したが、実は全然違ったというオチ。10月10日に事務方から「便宜とは引継ぎ後に有給を消化してから退職することだ」と言われて騒ぎになった。それはどこの会社でもやっている。
そもそも有給を退職時に買取ることは違法でないそうだ。しかしこれは任意で、こちらも強制できない。ここも厄介な点。
さて、求人が行われて新人が入ってきたのが9月17日。しかし「聞いていた話と違う」と30日に辞めてしまった。ちなみに十九はこの間にも就職活動を行い、面接を受けた会社から10月9日に採用通知。当時は引継ぎは10月4日までの予定だったので、21日からの勤務も承知していた。就職活動時も有給は使わず、早退で対応していた。ハローワークに行く時間もなかったので、ネット求人のみで活動。これも有給買取りのため。
時間を戻して、10月1日以降も次の新人が来るまで残ってくれないかと頼まれる。でも有給消化をしたいなら、好きにして良いそうだ。まるで十九が自分の意志で退職するかの言いよう。毎日面接があるわけでなく、出勤すれば1日当たりの手当ても出るので承知。
そして2度目の求人は採用予定者すべてに辞退されて終了。これが8日。ちなみにこの時の上司の言葉。「君に残念なお知らせがある。今回の面接は駄目だった。申し訳ないが、有給に入るのをもう少し待ってもらえないか」だから十九は解雇されたと何度言わせれば気が済むのか。
そして10日。21日から新しい会社に出勤することを伝えたら、上司の顔色が変わった。実はすでに1名欠員が出ており、さらに1人労災で入院している。
そこで解雇した相手に、「18日までは何とか出てくれないか」と頼んでくる有様。それだって代わりの人間がいるわけでないから、一時しのぎ。最終的には上司が引き継ぐそうだ。ここで有給はどうなっているかと事務方に聞いたら、前述の回答があったというわけ。
「ならば11日から17日まで有給を使う」と宣言して帰宅。真夜中まで「何とか出てくれないか」とお願いの電話が鳴りっぱなし。最後は「欠勤扱いにする」と脅してきたので、今日行政に相談。
指示通りFAXで有給届を出したら、電話が止まった。
そして、これからのことを考える。お役所は有給の残り31日分の買取りは厳しいという。買取りの強制はできないし、当時の上司の言った言わないは民事での争いになるから関与はできないとさ。ただ、有給使ったらクビの件は調停?ができるので、管轄の労基署で申し立てをするようにと。ただこれも、改善の問題で今回使った4日分の有給を正しく処理しているかや、残った社員の労働環境の話。有給消化率やら、「欠勤扱いにする」発言の証拠もあるので、それなりにできるけれど退職前に申し立てしてくれと言われた。
とりあえず、週明けまでに考えるとしよう。
そうそう。この件で上司は支店のお偉いさんたちから袋叩きにあっている。十九の業務がまるで分からない状態で、上司は配送しなければならない。ちなみに一連の流れを営業事務のお姉ちゃんたちに話してあるし、配達先のお客さんに上司の荒行を伝えてある。3連休前の金曜日。どんな状態になったか、考えるまでもない。
この上司も7年間で4人目で、6月に名古屋から来たばかり。前3人は悪態をついて辞めていった。もちろん「有給使ったらクビ」発言の上司も同様。上司の下には2人のリーダーがるのだけれど、現在1人空席。残り1人は欠員の穴埋め。このリーダーもこの1年で4~5人目。
あとは18日に出社したとき、どうなっているかだね。だからこそ、15日に労基署に行っておく必要があるだろう。会社側に「さっさと出て行ってほしい」状態に持っていくことが重要。新しい仕事に影響がでないよう。有給買取りの件はそれから。
ああ、どこから聞きつけたのか首都圏青年ユニオン加入を勧める声が聞こえる。
7年…いや8年近く働いてきて、この顛末。恥ずかしい話だ。

|

« Anime Japan2014開催決定! | トップページ | 「てさぐれ!部活もの」第1話を見てみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/58364474

この記事へのトラックバック一覧です: 実は会社を解雇されていた話:

« Anime Japan2014開催決定! | トップページ | 「てさぐれ!部活もの」第1話を見てみた »