« サークルKサンクスのガルパンキャンペーンに便乗してみる | トップページ | ママレードボーイlittle第2話をようやく読んだ »

2013年5月22日 (水)

メロンブックスで見かけた店内撮影ルール

こんなものを明示しないといけないのか。店内撮影は禁止されていなくても不可だろう。屋外広告やショーウィンドウならまだしも、店内に掲示してある色紙や商品を平気な顔して撮影しているから驚きだ。十九がUPしている店内写真は、撮影可か店員に許可を受けているよ。
「禁止されていないから大丈夫」
という感覚なのだろう。もしくは
「撮りたいから撮っている」
程度の感覚。撮影禁止の表示があっても撮っている連中が居るくらい。携帯カメラのおかげで写真が身近になったのは良いけれど、この流れは良くないな。そういえば店内撮影に関するコラムを新聞で見た記憶がある。
「禁止されていないから、やってもいい」
秋葉原のホコ天はこの流れで歯止めが効かなくなり、一度中止に追い込まれた。再開されたときは、パフォーマーに口実を与えないためにチラシ配りも禁止された。それでも自称アキバ文化の発信者が、路上ライブを試みる有様だ。
節度ある行動ができないから、ルールばかりが増えていく。全部決めてもらわないといけない恥ずかしさ。周囲に迷惑をかけないよう加減しながら、バカ出来ないものかな?

|

« サークルKサンクスのガルパンキャンペーンに便乗してみる | トップページ | ママレードボーイlittle第2話をようやく読んだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/57438969

この記事へのトラックバック一覧です: メロンブックスで見かけた店内撮影ルール:

« サークルKサンクスのガルパンキャンペーンに便乗してみる | トップページ | ママレードボーイlittle第2話をようやく読んだ »