« 「μ's New Year LoveLive! 2013」Part1フィルムライブ&ラブライブ13話上映イベントに出発 | トップページ | アムラックス東京でスペイドに試乗することになった »

2013年4月 2日 (火)

ラブライブ13話上映イベントの感想とか

穂乃果無双な最終回だった。12話とは何だったのか?

2013033101

開場後、まず新田恵海さん、久保ユリカさん、楠田亜衣奈さんが制服姿で登場。ライブでもこの衣装を着ているんだね。前から4列目だから靴まで見えるよ。
「ここまで来たんだ」という挨拶があったあと、早速13話上映開始。「劇場版ラブライブ公開記念舞台挨拶」と話したのは誰だったかなあ?静まりかえる劇場。鼻をすするのも憚られるくらいの13話上映だった。ああ、司会の方から、MX放送終了までネタバレ禁止のお願いあり。
クラスメイト3人は縁の下の力持ちだね。何げに活躍している。穂乃果が自分を取り戻すまでがAパート。Bパートは強引なまでのお約束展開。ことりを迎えに行く穂乃果はどんな方法で空港に向かったんだよ!早すぎだろ!しかし、ことりには自分の意志で戻ろうとして欲しかったな。学校に戻ろうと決めて、振り返ったら穂乃果が居た展開のほうが好きだ。ことりを抱き締める穂乃果は男前だった。
ライブシーンから先は駆け足過ぎで、あと15分欲しいと思った。あと、ことりママと真姫ママは知り合い?これは楠田亜衣奈さんも気にしてた。ファーストライブで観客が0だった講堂がいっぱいに埋まる光景。しかも当時3人で歌ったSTART:DASH!を今回は9人で歌う。ここが見所、と放送終了後に司会の方が語っていた。新田恵海さんは放送終了後、花粉症が悪化していて大変だった。
ここからがμ's New Year LoveLive!フィルムライブコーナー。13話上映の時とは全然違って、キンブレ振るわ、叫ぶわで、大騒ぎな時間がやってきた。ライブビューイングじゃないんだよ?ブルーレイの特典映像の公開なのに、この盛り上がり。映像内で流れるファンと一体になっている。これが本物のラブライバーか。選りすぐられた560人だけのことはある。
考えてみれば、後ろの観客席でメンバー3人が見学しているのだった。そりゃ気合も入るだろう。メンバーの一人が、「普段は見られないアングルからファンの応援を見ることができて新鮮だった」のようなこと、言ってたわ。ライブの時は向き合う格好のファンの背中を眺める。確かに簡単には体験できないよね。
そうこうしているうちに終わりの時間がやってきてしまった。今頃はMXテレビも放送終了しているころ。第2期や映画化の話はなくて、ちょっと残念。新田恵海さん、久保ユリカさん、楠田亜衣奈さんからコメントをいただき、終了。
出演者が引き上げたあと、もはやヲタイベントでは恒例の3本締めが行われたり。この時、2階に監督が居ると誰かが気づく。「ありがとう!」「第2期お願いします!」「映画化、頼みます!」客席からはファンの感謝の言葉やお願いが投げ込まれる。監督はたまらず頭を下げ、何かを叫んだようなのだけれど、聞き取れなかった・・・。これが一番の心残り。

2013033102

そして来場者特典のCDをもらうと表に出る。既に時計は23時すぎをさしている。十九はいそいそと家路につきましたとさ。

2013033103

|

« 「μ's New Year LoveLive! 2013」Part1フィルムライブ&ラブライブ13話上映イベントに出発 | トップページ | アムラックス東京でスペイドに試乗することになった »

ラブライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/57079822

この記事へのトラックバック一覧です: ラブライブ13話上映イベントの感想とか:

« 「μ's New Year LoveLive! 2013」Part1フィルムライブ&ラブライブ13話上映イベントに出発 | トップページ | アムラックス東京でスペイドに試乗することになった »