« サンクリ59に行ってきた | トップページ | 気まぐれなるオレンジロードの変遷 »

2013年4月15日 (月)

「絶園のテンペスト~a WHODUNIT party~」の感想をざっと

めっちゃ、おもしろかった。作品のファンイベントだった。不安は杞憂で終わった。
定時に開始。まず朗読劇が始まる。楽屋に置いてあった、お客さんにプレゼントする予定の3枚の色紙が無くなったというもの。そして犯人探しをするというのがイベントの趣旨ということらしい。犯人は参加者10人のうちの誰か。本人以外は誰も知らない。
朗読劇もネタの嵐。左門さんは「戻れ!」コールを始め、会場にも一緒にやるよう迫る。自分でテンパリストを名乗る左門さん。夏村はヤリ男を名乗るし、純姉さんは乳を連呼。めぐむはおもちゃにされている。愛花が「犯人はこの中に!」と言ったところで引き。
MBSのアナウンサーの司会で、キャストが紹介されて正式にスタート。出演者は4チームに分かれて犯人探しを開始。3つのコーナーでチーム対抗戦を行って、上位チームから順番に犯人のヒントをもらう流れ。
チームは、幼なじみ、魔女と無職、鎖部一族、師弟。
最初は間違い探し。アニメのオリジナルシーンと加工されたものを流し、間違いを当てるもの。その加工が実に細かい。真広のジャケットの色を変えたり、山本さんのかじったきゅうりがナスになったり。車のバックミラーに写っているのが、哲馬から夏村に変わっていたり。このイベントの為に用意したとは、驚いた。10問もあったんだぜ。マーライオンがシーサーとか芸が細かすぎる。
何故か途中で真広の一発芸が見られた。愛花ちゃんのご希望で。「腋見運転」には凍りついた。そして山本さんを葉風と言い間違える潤姉さん。
2番目が衝撃の問題となった、絶園のイチゴリラ。イチゴリラという神経衰弱に近いゲーム。高円寺のボードゲーム屋さんのオリジナルで、真広と吉野のお気に入り。このカードを絶園のテンペストにアレンジして順位を競う。カードは1~5までの数字と絵柄が振られ、全部揃うまで引き続けるのが特徴。1なら1枚で手札にできるが、5なら5枚連続で同じ絵柄を引かなければいけなくなり、難易度が上がる。しかも5の絵柄が2種類あり、ゴリラと悟空のため記憶が混乱する。4も山本さんのサングラスありなしで2種類あるから、大混乱。もっと難解なのが、30枚の場から1枚が抜かれていて、揃わないカードもあったり。抜いたカードの代わりにシャッフルカードが入っていて、混ぜる行為も度々。
言わなくてもわかると思うけれど、延々終わらない。疲れてくると同じカードを何回も引くのはお約束。最後は観客も混じって、総がかりで全部揃えた。終わった時はぐったり。ちなみに最後はシャッフルカードは端っこに追いやられ、揃わないと思われる3のサンタカードも脇に移動される。サンタカードを必死に探していた吉野は呆然。司会も疲れたのか、いつの間にか、魔女と無職チームを女性チームと呼んでいたな。
イベント最後の一言で、キャストが口々にイチゴリラはもうやらない発言していたのう。
押しまくりの3コーナー目。各チームがAB2つのプレゼンを行い、どちらが真実かを競う。スタッフの本当の受難はどちらかとか、キービジュアルの原案の違いとか。監督の好みの飲み物は何など。気になったのは左門さんと夏村のプレゼン。ポシャった企画はどちらかという内容で、正解は左門さん。1クール終了後に富士周辺で脱出ゲームの企画があったそうだ。こけたのは人気がなかったからだろうなあ。ちなみにこの時の左門さん。富士~ほにゃらら~パ~クと歌って踊って、ステージを右に左に大移動。
間違い探しは鎖部一族が1位。イチゴリラは魔女と無職が1位。そしてプレゼンは・・・あれ?どこが1位だっけ?幼なじみでないことはたしかだけれど、思い出せない。
そして犯人当てのお時間。ヒントを多く受けたチームからではなく、くじ引きで順番決めて犯人をご指名。幼なじみはめぐむで外し、鎖部は吉野で外す。このとき左門さんが名探偵ぶりを披露。途中突然眠りだし、後ろで夏村がアフレコしながら吉野を指名したのは秘密だ。
3番手の魔女と無職が真広で犯人を当てて、終了ー。真広が3枚の色紙を隠したのは、抽選で一部の観客にだけプレゼントするのは不公平と考えたから。
そして3枚のイラストを1枚にした特製シートがお土産で配られると衝撃発表!観客は大喜び。
締めの朗読劇が始まった。この時、愛花の姿はなく、役割を終えて帰ったと聞かされる。出演者が退場し、最後に愛花の声でテンペストの一節が語られ、イベントは終了。
の、はずもなく、ここで花澤さん登場して「happy endings」を熱唱。まさか聴けるとは思ってなかったので、嬉しかった。そう。歌うたいさんが一人も居ないと勘違いしていたけれど、花澤さんは1期のED歌っていたわ。
立ってペンライト振る人から、座ったまま手拍子まで、聞き方は様々。でも花澤さんが「みなさん立ってください」と声をかけてくれたので、みんなで立って応援する。花澤さんの歌って恐らく初めて聴いたけれど、愛花が歌っていると思えば耐えられる。
ここで本当のフィナーレ。キャストが再度登場して、一言ずつ感想を述べてくれた。でももっぱらイチゴリラの感想で覆い尽くされた感。
締めは葉風さんの始まりの呪文。葉風さんが
「樹の中の樹、大樹の中の大樹、(・・・続き忘れた)」
と叫び、観客が
「(全然思い出せない)」
と続けてフィニッシュ。恒例のビニール吹雪も舞う。
終わったら8時だった。30分押しはイチゴリラのせいね。間違いない。
帰り。2階に展示コーナーがあったことに気づき、慌てて見学。スタッフに追い出されるように退出。ちゃんとイラストボードはもらったよ。これも袋に入っていなかったけれどな。

|

« サンクリ59に行ってきた | トップページ | 気まぐれなるオレンジロードの変遷 »

企業イベントとか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/57175651

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶園のテンペスト~a WHODUNIT party~」の感想をざっと:

« サンクリ59に行ってきた | トップページ | 気まぐれなるオレンジロードの変遷 »