« 一番くじ夏色キセキに挑戦 | トップページ | 電撃春の祭典2013の感想ざっくり »

2013年3月18日 (月)

「はたらく魔王さま!春の公開録音」の感想とか

整理番号が120番台だったので、かなり前で見られた。ほぼ真ん中で前は数列ある程度。視界を遮るものがほとんどなくてラッキー。
イベント始まり。司会の東山奈央さんと日笠陽子さんが登場。ステージ上で飛び跳ねて、テンション高っ!ゲストとして小野友樹さんと伊藤かな恵さんが参加。主役の逢坂良太さんが居ないわな。
最初にみんなで出来立てのPVを見る。原作の雰囲気は壊してなくて、ホッと一安心。でもキャラクターが似てないなあ。気になったのは、エミリアが魔王に襲いかかるシーン。ここだけ気迫がかってエミリアが恐すぎだよ。細田は力いれるところを間違えてる。
PV上映にあわせてキャラクター紹介。伊藤かな恵さんのキャラがPVに出ていない件で盛り上がる。司会者の東山奈央の台本が東山陽子になっているのが明らかにされたのは、この頃だったかな?
ここまで来て、ようやく公開録音が始まったなり。色々な仕事にチャレンジをするメインコーナー。第一回は「会場整理のお仕事」に決定。4人がそれぞれお題に従い挑戦。見学者が整理される立場か。指示に従い風船を転がしたり、一緒におかしなダンスを踊ったり。太鼓の音に合わせた手拍子や、犬と言ったらニャー、猫と言ったらワンと返す掛け声など、何とも言えない雰囲気が会場を包み込む。面白けれど、これラジオで伝わるかな?
エンテ・イスラからの手紙は情報コーナー。これから始まるアニメの情報をいろいろ紹介。
ここまできたらもう時間がなくなっていしまい、おしまいの挨拶に。あっという間の40分だったわ。累計62万部のシリーズでどこまで行くか分からないけれど、応援していこう。

|

« 一番くじ夏色キセキに挑戦 | トップページ | 電撃春の祭典2013の感想ざっくり »

企業イベントとか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/56984851

この記事へのトラックバック一覧です: 「はたらく魔王さま!春の公開録音」の感想とか:

« 一番くじ夏色キセキに挑戦 | トップページ | 電撃春の祭典2013の感想ざっくり »