« 「好きっていいなよ。」の舞台、都立高校なのか・・・ | トップページ | 池袋駅のそこかしこでうた☆プリポスター »

2012年11月12日 (月)

コード:ブレーカー第6話が突き抜けていた

「おはようなのだ」「どなた様なのだ」
桜の日本語は相変わらず。
平家先輩の読んでいた官能小説「女教師」のキャストが、大神、桜、神田って一体・・・。どこにでもテーブルと椅子を持って移動してくる平家先輩。
神田先生が大神をマスターと呼んでいる件。大神、神田先生どちらの趣味だ。そもそも神田先生がコード:ブレーカーの協力者って言うか、部下なのもアレだ。髪をほどいてメガネを外すとか、古典すぎる。
いい奴らばかりのクラスメイト。
もう、画面にツッコミ入れるのも疲れるくらいの面白さ。これに比べたら、他の中二病アニメなど童話に過ぎないわ。でも誰も追いかけてこない独走状態だから困る。

|

« 「好きっていいなよ。」の舞台、都立高校なのか・・・ | トップページ | 池袋駅のそこかしこでうた☆プリポスター »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/56101003

この記事へのトラックバック一覧です: コード:ブレーカー第6話が突き抜けていた:

« 「好きっていいなよ。」の舞台、都立高校なのか・・・ | トップページ | 池袋駅のそこかしこでうた☆プリポスター »