« 電撃20年祭の当選ハガキが来た! | トップページ | 中二病でも恋がしたい!第1話 »

2012年10月 4日 (木)

とらのあな池袋新店開店にお邪魔する

朝8時過ぎにとらのあな池袋新店前を通ったときは、静かだった。なんでそんな時間に池袋を歩いていたかは、東京で働く人なら分かるよね?
夕方7時。仕事帰りに寄ってみる。通り側のエレベーターは特に混むわけでもなく6階に。4階のディスクユニオンと5階のスイーツパラダイスで乗客がみんな降りてしまったわな。4階5階のお客さんからすれば、6階に何があるの?って感じだろうて。
しかし6階のとらのあな池袋新店は大混雑。レジも行列。コミックス1冊持ってレジに並び精算。するとチラシを渡され、それを景品コーナーに持っていくと、ぬいぐるみと交換してくれた。とらのマスコットキャラ達のぬいぐるみ。他にもいろいろあったけれど、すでに交換終了。せっかくなので、虎々にする。
帰り、裏側にもエレベーターと階段があることを知る。ここに開店祝いの花が並んでた。
店内の印象はというと、コンパクト設計。ワンフロアなお店らしい展開だった。開店当日ということもあるし、徐々に商品配置は変わるかもしれない。まず、雑誌コーナーが壁際にあり、横に新刊平台がドーン。その横が準新刊。既刊はコミックス、文庫共ほとんどない。目立ったのは女性向け同人誌。フロアの真ん中が女性向け同人誌でいっぱい。AV関係は壁際にちょろっと。フロア奥が男性向けで、全年齢向け同人誌が手前。最深部が成年向け同人誌と成年向け雑誌、コミックスがひとまとめに陳列。コミックスと同人誌の新刊平台があった。
池袋店の顧客を象徴する陳列かなと思う。旧店は3階まではお客さんが多く、4階5階は空いてたっけ?女性向け同人誌はジャンルで売れるけれど、男性向けは新刊重視だから。成年コミックスも旧刊は動かないんだろうなあ。以前は棚が余っていた印象。新刊メインで省スペース化と回転率を上げる方針なのかもしれない。
121004

|

« 電撃20年祭の当選ハガキが来た! | トップページ | 中二病でも恋がしたい!第1話 »

オタクなお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/55814694

この記事へのトラックバック一覧です: とらのあな池袋新店開店にお邪魔する:

« 電撃20年祭の当選ハガキが来た! | トップページ | 中二病でも恋がしたい!第1話 »