« 「織田信奈の野望」最終回 | トップページ | 薄桜鬼黎明録最終話の感想 »

2012年9月24日 (月)

輪廻のラグランジェの最終話

設定や謎のいくつかを回収しないまま、終わりやがった。これではなんちゃってSFだわ。説明不足は否めない。何となく雰囲気を味わうには良いかもしれないけれど、出だしが良かっただけにガッカリ感は否めない。
まどか、ラン、ムギナミのキャラは良かったなあ。ほのぼの人間関係を全面に押し出しても良かったのに、メカをだしてSF設定構築しているように見せかけて、明らかにならないまま終わる。
どうしてこうなった。

|

« 「織田信奈の野望」最終回 | トップページ | 薄桜鬼黎明録最終話の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/55738131

この記事へのトラックバック一覧です: 輪廻のラグランジェの最終話:

« 「織田信奈の野望」最終回 | トップページ | 薄桜鬼黎明録最終話の感想 »