« 池袋のテアトルが閉館している | トップページ | 隠しているようで…なアスタ○ッテ »

2011年6月13日 (月)

花咲くいろはの11話は見ていて痛々しかった

いつかおもしろくなるかと我慢して見ていたけれど、もう限界。
リアルなら皐月のような母親から緒花みたいな娘が育っても不思議はないけれど、アニメで見せられても困る。母娘どちらもダメ人間だと感情移入する相手がいないよ。会話もチグハグだよね。
最近はこういう作品増えたなあ。世代間のギャップかな?

|

« 池袋のテアトルが閉館している | トップページ | 隠しているようで…なアスタ○ッテ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

だから直感で駄目だと思ったら見続けても駄目だって
俺ら位のヲタだとある程度見極める能力が備わってるんだからw
プロ野球のスカウトが高校生選手を判別できるのと一緒だw

投稿: 出戻り | 2011年6月13日 (月) 22時31分

世間一般で話題になっているのが面白いんじゃなくて、自分が面白いと思ったものが面白いんだ

投稿: 出戻り | 2011年6月13日 (月) 22時34分

返す言葉もござりません…。

投稿: 津村十九 | 2011年6月14日 (火) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/51936470

この記事へのトラックバック一覧です: 花咲くいろはの11話は見ていて痛々しかった:

« 池袋のテアトルが閉館している | トップページ | 隠しているようで…なアスタ○ッテ »