« 最後まで見ることができなかった作品第1号 | トップページ | 明日の池袋でのアニメ系チャリティーイベント »

2011年4月 7日 (木)

虎と兎が期待を上回るおもしろさだった

ヒーロー物ってどんなだ?と思ってたけど、桂正和デザインと聞いて十九は興味を持った。ウィングマン…。電影少女などのお色気作品でもお世話になりました。いちごの人やトラブルよりはるかに昔のお話。
企業が雇ったヒーローという設定の作品で、作品のスポンサーのロゴがヒーローに入っていて大笑い。背景なら良くあるけど、キャラに付けるとはね。こういう資金集めもありなのか。ペプシのCMの無茶ぶりも凄かったな。これならスポンサーがキャラグッズがどうのと物売りしなくて済む。そのせいかスポンサーに一般企業がいるよ。…牛角?
ストーリーもコテコテのヒーローものだ。ここまでやってくれると嬉しい。

|

« 最後まで見ることができなかった作品第1号 | トップページ | 明日の池袋でのアニメ系チャリティーイベント »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/51328225

この記事へのトラックバック一覧です: 虎と兎が期待を上回るおもしろさだった:

« 最後まで見ることができなかった作品第1号 | トップページ | 明日の池袋でのアニメ系チャリティーイベント »