« 静岡でガンダムを見た | トップページ | 静岡の虎とメロン »

2011年1月 9日 (日)

10年振り位の静岡市内

懐かしいはずの静岡駅に戸惑う。どこか違う駅の雰囲気。駅の自由通路が地上にあるから、いきなり外に出られることが新鮮だ。JR東海の磁気カードがピンとこないな。街中や駅で観光案内が増えた印象。あと、東京行きのバス案内がそこかしこ。JRの割引き切符なんて昔はなかったぞ。
南口は新しいビルが出来ていたり、懐かしいお店が残っていたり。でも全国チェーンのお店が増えたね。それでも目立つ空き店舗。人が少ないと感じるのは東京に慣れすぎたから…なのか?
今回のメインは北口。まず駅から出て地下街を歩く。地下街に行くのだから階段を降りるのは当たり前なのに、違和感がある。新静岡ターミナルは工事中。その脇には古巣のアニメイト静岡店があった。ビルはテナントが総入れ替え状態。高層階の飲食店やホールがオフィスになっていて吹いた。静岡を出るときは閉鎖されてた1階の御殿場高原ビール跡地が眼鏡屋さんに。空きスペースにベンチとコーヒーベンダーがあって、当然溜り場になってた。
肝心のアニメイトはまるで変わっていなかった。せいぜいレイアウトが違うくらい。AVカウンターもなくなってたね。メロンがあった一角は空き地に。こんな小さなスペースでも、当時はその存在を有り難がったものさ。
店内はお客さんがいっぱい。若い子が多くて辛いよ。男の子が虎やメロンの袋を持っているのが斬新だ。
次は虎に向かおう。アピタが109になったり、西武がパルコになっていたり。何でこんなに人が…。

|

« 静岡でガンダムを見た | トップページ | 静岡の虎とメロン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/50538347

この記事へのトラックバック一覧です: 10年振り位の静岡市内:

« 静岡でガンダムを見た | トップページ | 静岡の虎とメロン »