« メンマの原料は割り箸じゃなかった… | トップページ | 池袋の壁広告の新作はヘタリア »

2010年5月28日 (金)

アンゲルゼというコバルト文庫を読んでいるんだ

今は4冊目。アスカを喰らったレイをミサトさんとリツコさんで休ませようとしたところに、アスカの死を感じたシンジくんが追い付いてきた場面。ヒトではない何かになったシンジくんが、ミサトさんをなぎ倒してレイに襲いかかろうとしている。
…違和感がないのう。展開がコバルトじゃないよ。そりゃ打ち切りになるはずだ。
同人誌で最終巻があるんだよね?ラストまで読んでから考えよう。

|

« メンマの原料は割り箸じゃなかった… | トップページ | 池袋の壁広告の新作はヘタリア »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543965/48479909

この記事へのトラックバック一覧です: アンゲルゼというコバルト文庫を読んでいるんだ:

« メンマの原料は割り箸じゃなかった… | トップページ | 池袋の壁広告の新作はヘタリア »